だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

明日の子供たち/有川浩

◆読んだ本◆
・書名:明日の子供たち
・著者:有川浩
・定価:1,600円
・出版社:幻冬舎
・発行日:2014/8/10

◆おすすめ度◆
・児童養護施設を舞台にしたドラマチック小説度:★★★★
・「かわいそう」なんて言われたくない!度:★★★★
・笹谷実咲さんに拍手度:★★★★★

◆感想◆
児童養護施設に転職した三田村慎平は、着任初日から先輩職員からキツい指導を受けてしまう。やや憮然としながらも理想にもえて子供たちに接しようとするが…

児童養護施設で暮らす少年少女や、彼らの世話や指導をする職員たちの想いや葛藤、現実の厳しさや強く優しく生きていこうとする姿を描いたドラマチックな小説。

登場人物たちのキャラクターや児童養護施設の風景など、とっても生き生きとしていてリアル。著者のファンなら納得の描写。
色んなトラブルが起きて、それを物語として感動的に構成する展開も見事。
読者サービスや読みやすさはもちろん、物語に込められた想いを読者に過不足なく届けられる有川浩って、天性の作家のような気がする。

そんな作家にアクションを起こした(と想像させる)笹谷実咲さんに拍手。
そうゆう風に思わせるように書いているだけなんだろうか?

自分が精神的に自立を強いられたのは、就職してからだったような気がする。
児童養護施設で暮らす子供たちに比べ、なんと遅いことやら。
未だに自立していないような気もするが、気がするだけだと思うようにしている。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

虚ろな十字架/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:虚ろな十字架
・著者:東野圭吾
・定価:1,500円
・出版社:光文社
・発行日:2014/5/25

◆おすすめ度◆
・ミステリー小説度:★★★★
・飽きさせない展開と描写度:★★★★
・死刑制度の是非/償うとはどうゆうことなのか度:★★★★

◆感想◆
11年前に最愛の娘を事件で亡くした主人公の中原は、そのことが原因で妻とも別れ、ペットの葬儀会社に勤めていた。そんなある日、覚えのある捜査1課の刑事から、別れた妻が亡くなったという連絡がくるが…

子供を殺害されるという痛ましい事件。子供の親達の犯人に対しての感情や裁判における死刑の是非などを題材に、過去から現在へ、そして人から人へとつながる不幸と悔悛の連鎖が描かれる。

人殺しには死刑を求める親達の感情を全面に出しながらも含みを持たせる展開や、一見関わりのない事件や人物が次第につながっていく様子は、さすが東野圭吾、読者を飽きさせません。

死刑制度の是非は難しい問題。
犯人に死刑を求める気持ちは理解できるけど、それが生きる目標になってしまうもの悲しすぎるし、かといって怒りの感情をぶつける先を持たないでいるのも不安定だし。
無限に繰り返される仇討ちや報復し合う戦争のように空しく空虚。
起きないようにするのが一番だけど、起きてしまったものはどこかで食い止めなければならない。
それには現在の制度では虚ろなのだろう。
ただ虚ろだからこそのラストでもあるなあ。

◆関連記事◆
東野圭吾『虚ろな十字架』/horizont: 世界の色は、光で変わる。
虚ろな十字架 東野圭吾/季節はずれの読書感想文

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ /三上延

◆読んだ本◆
・書名:ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~
・著者:三上延
・定価:570円
・出版社:メディアワークス文庫
・発行日:2014/1/24

◆おすすめ度◆
・古書にまつわるミステリー小説度:★★★
・栞子と大輔の関係はいかに!度:★★★★
・全然気づかなかったトリック度:★★★★

◆感想◆
やたらと本に詳しいわりに、接客にはまるで不向きな美人の古書店店長・栞子。そんな彼女に告白した無骨な青年店員・大輔。二人の関係はいかに! そして栞子の母・智恵子はどのように物語に関わってくるのか…

という「ブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第5巻。
「彷書月刊」「ブラック・ジャック」「われに五月を」などの古書にまつわる謎を解き明かしていきながら、栞子と大輔の恋の行方が描かれる。
相変わらず古書の蘊蓄はマニアックだし、栞子の推理も光ってる。

「知識」の奈落にはまっている智恵子という「モンスター」が、なんだかとってもおどろおどろしい印象で「あんまりリアリティないなぁ」なんて思っているときに、テレビで荒俣宏を発見。
やっぱリアリティあるんだな、と思いを替えた次第です。

エピローグの栞子と大輔のシーンは、前作の「ライトノベルなノリ」同様、なんだかとってもいい感じで胸キュンです。

プロローグを読み違えた読者が、アマゾンのレビューを読んで目から鱗のトリックに「やられた!」と関心しているようだけど、プロローグを読み違えるどころかなーんにも気づかなかった自分はいったい…
「4巻のカバー」にも同じようなトリックがあるらしいが、カバーをろくに見もしない自分はいったい…

◆関連記事◆
『ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.718/朴念仁と居候
シリーズ累計550万部突破! メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第5巻発売!/PR TIMES
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~/三上延/サイト内
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上延/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

星を創る者たち/谷甲州

◆読んだ本◆
・書名:星を創る者たち
・著者:谷甲州
・定価:1,700円
・出版社:河出書房新社
・発行日:2013/9/30

◆おすすめ度◆
・宇宙土木SF小説度:★★★★
・エンジニア魂度:★★★★
・驚愕のラスト度:★★★

◆感想◆
太陽系の惑星で大規模な地下鉄やドームなどを製作する、現場のエンジニアたちを主人公にした宇宙土木SF連作短編小説。

月の地下交通トンネル工事、火星の与圧ドーム建設、水星の射出軌条建設予定地で起きる事故など、月、火星、水星、木星、土星、そして太陽をも舞台にして起きる工事現場での事故や不測の事態。これに対応するエンジニア達の懸命な姿。

いいですね、こういう現場のエンジニア達の活躍。

巻頭作の「コペルニクス隧道」を読んだときには「土木現場や圧送システムをよく調べているなあ」と関心至極。
後半にはいってだんだん政治的な駆け引きなんかも描写されるようになったり、いまいち登場人物に感情移入できない流れがあったりして「それはどうかな」と思いつつも、ラストの表題作「星を創る者たち」の大風呂敷にも驚愕。

土木関係の仕事に就いているSFファンは必読です。

◆関連記事◆
星を創る者たち 谷甲州著 宇宙工事 過酷さへの挑戦/日本経済新聞
星を創る者たち ~土木SF/k-takahashi’s 雑記
谷甲州「NOVA COLLECTION 星を創る者たち」河出書房新社/ちくわぶ
星を創る者たち/せでぃのブログ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

茅田砂胡 全仕事1993-2013/茅田砂胡

◆読んだ本◆
・書名:茅田砂胡 全仕事1993-2013
・著者:茅田砂胡
・定価:1,500円
・出版社:中央公論新社 C・NOVELSファンタジア
・発行日:2013/11/25

◆おすすめ度◆
・デルフィニア戦記後日談度:★★★★
・オールスターキャスト度:★★★★
・かつての輝きが復活度:★★★★

◆感想◆
「全仕事」と銘打つだけあって、構成されるのは「桐原家の人々番外篇」「祝もものき事務所番外篇」や描きおろしコミックや著者へのロングインタビューなどなどだが、本書のほぼ半分はデルフィニア戦記の後日談である「紅蓮の夢」で占められている。

著者の本とは、思い出だけが楽しい「別れたむかしの彼女」みたいな関係だったのだけれど、「紅蓮の夢」の評判が良さそうなので読んでみると…

これがなんだか面白い!
デルフィニア戦記の登場人物が、超法規的処置で勢揃い。
かつてのわくわくドキドキを味わえる面白さ。
ストーリーは本編同様、窮地にあるウォル王を助けるため、リィが敵をバッサバッサとなぎ倒す不変の展開。
そこにデルフィニア戦記のオールスターキャストが絡んで大盛り上がり、みたいな。

「別れたむかしの彼女」と完全に決別するにはちょうどいい本でした。

感想は「紅蓮の夢」だけで、他の番外編やコミックは含んでません。
あしからずごめんなさい。

◆関連記事◆
茅田砂胡全仕事1993-2013 / 茅田砂胡Add Star/屋根裏物置
『茅田砂胡全仕事 1993~2013』デルフィニアの大地に降り立つ妃将軍『茅田砂胡』/ シューアイス・ツヴァイ
[茅田砂胡 全仕事1993-2013]PV ver.2

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ペテロの葬列/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:ペテロの葬列
・著者:宮部みゆき
・定価:1,800円
・出版社:集英社
・発行日:2013/12/25

◆おすすめ度◆
・社会派ミステリー小説度:★★★★
・善と悪の境界度:★★★
・主人公の境遇に同情度:★★★★

◆感想◆
『誰か―Somebody』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ、待望の第3弾、ということで、過去の2作を思い出せないまま読み始めるが、そんなことは問題なく物語に引き込まれる。

いきなりのバスジャック事件。犯人の人物像がちょっと変わった性格で、「この人物は一体何者!?」という興味が物語の吸引力に。

次第にそれがこの小説の本流だということに気づいていくが、さりげなく描かれる傍流のストーリーこそが著者の本当に書きたかったことではないかと。
ひょっとして著者のハートにグサッとくるリアルな出来事があったのでは?と勘ぐりたくなるようなラストだし。

それにしても見るに耐えない主人公の境遇。
人や家族のことを考えて、不自由な境遇の中色々と頑張っているのにこの仕打ち。
探偵になっちゃったほうがいいかもしれません。

人を思い通りにさせるような会話テク、マスターしたいもんです。

◆関連記事◆
「ペテロの葬列」宮部みゆき/雨降りだからミステリでも読もう・・・
『ペテロの葬列』/宮部みゆき/読書百"篇"

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天冥の標VII 新世界ハーブC/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標VII 新世界ハーブC
・著者:小川一水
・定価:760円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2013/12/25

◆おすすめ度◆
・サバイバルSF小説度:★★★★
・ダイナミックで身震いする展開度:★★★★
・どうなる?どうなる!度:★★★★★

◆感想◆
小惑星セレスに墜落した恒星船ジニ号。アイネイア・セアキとミゲラ・マーガス、およびその他の乗員たちはどうなるのか…

という前作「天冥の標 VI 宿怨 PART3」のどうなる?どうなる!な結末を引き継ぐ形で物語は展開。

「天冥の標 VI 宿怨 PART1」でも登場した少年少女たちを主人公にして、《救世群》の侵攻はどこまで進んでいるのか、太陽系艦隊をはじめとした人類の行く末は、といった背景のなか、小惑星セレスという閉ざされた空間でのサバイバルが描写される。

「新世界ハーブC」や「メニー・メニー・シープ」のいわれはそうゆうことだったのか!といった細かなジグソーパズルのピースがピタピタとはまり込んでいくような面白さ。
本書を途中まで読んで「8、9巻はいらないんじゃないか?」という安易な予断を許さないダイナミックな興奮する展開。
収束するであろう「天冥の標 I メニー・メニー・シープ」を第1巻に配置した身震いするような構成。

早く次が読みたいという気持ちと、10巻で終わりなんて許せないという気持ちで揺れる男心。
自分が死ぬ間際に完結するよう100巻ぐらいの大長編にしてほしいところです。

絶体絶命の危機の中、雲の糸のように垂らされた生命線はいったいどこから来たのかは次巻に続くです。

◆関連記事◆
天冥の標 シリーズ/愛書家の縁側
天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫 JA オ 6-21) by 小川一水/基本読書
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内
天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水/サイト内
天冥の標6 宿怨 PART1,2,3/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

前のページ 次のページ

FC2Ad