だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天冥の標6 宿怨 PART1,2,3/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標6 宿怨 PART1,2,3
・著者:小川一水
・定価:PART1.720円 PART2.760円 PART3.880円
・出版社:ハヤカワ文庫JA
・発行日:PART1.2012/5/15 PART2.2012/8/25 PART3.2013/1/25

◆おすすめ度◆
・完結までは死ねない超絶面白SF小説度:★★★★★
・ミクロでドラマチック、マクロで希有壮大度:★★★★★
・嗚呼、こんなことに!/これからどうなる?度:★★★★★
・ラリー車の助手席に乗ってる気分度:★★★★★

◆感想◆
人工宇宙島スカイシー3で遭難した《救世群》の少女イリサは、《非染者》のアイネイアに助けられるが…

待ちに待った天冥の標6 宿怨のPART1〜3。
待ったかいがあったの怒濤の展開。

《救世群》の少女イリサと、《非染者》の少年アイネイアのちょっとスリリングでほんわかしたボーイ・ミーツ・ガールな物語だと思いきや、そこに今まで登場してきた《恋人たち》《咀嚼者》《酸素いらず》などの役者をそろえ、 《MHD社》《ロイズ非分極保険社団》《ドロテア・ワット》《シェパード号》などの大道具を配置し、《カルミアン》《ノルルスカイン》《ミスチフ》といった壮大な舞台背景を設定した、完結までは死ねない超絶面白SF小説に。

もう読み出したら止まりません。
ミクロ(ローカルな人間ドラマ)な展開と、マクロ(壮大な知性の戦い)な展開があいまって、そりゃもう大騒ぎ。
必至にしがみついていないとはじき飛ばされる勢いです。

それにしても「嗚呼、こんなことに!」な《救世群》
ある意味必然な展開なんだろうなあ。

役者がほぼ出そろった感のある天冥の標6 宿怨。
シリーズの全体像が見えてきた感じもしますが、それにもまして「これからどうなる」感でいっぱいです。

ちょっとでもSFに興味のある方には強力おすすめ。
続刊を待ちこがれる思いで、身もだえること必至。

壮大な長編小説を大河小説といったりするが、宇宙規模の歴史や時空間をあつかった長編小説は何と呼ぶんだろうか。

大海小説?
大宇小説?

やっぱりSF小説?

◆関連記事◆
天冥の標(6) 宿怨 PART1/小川一水/booklines.net
天冥の標(6) 宿怨 PART2/小川一水/booklines.net
小川一水「天冥の標6 宿怨 PART1」/phantasmagoria
さようなら、みんな『天冥の標 6 宿怨 PART3』:小川一水/基本読書
標、ついに見ゆ - 中途書評 - 天冥の標 I-VI/404 Blog Not Found
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内
天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ソロモンの偽証 第I部 事件,第II部 決意,第III部 法廷/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:ソロモンの偽証 第I部 事件,第II部 決意,第III部 法廷
・著者:宮部みゆき
・定価:第I部 1,800円 第II部 1,800円 第III部 1,800円
・出版社:新潮社
・発行日:第I部 2012/8/25 第II部 2012/9/20 第III部 2012/10/10

◆おすすめ度◆
・中学校を舞台にした法廷ミステリー小説度:★★★★★
・いったい真相はなんなんだ?!度:★★★★
・登場人物の描写がずば抜けてる度:★★★★★
・枝葉まできっちり度:★★★★

◆感想◆
クリスマスの朝、中学校の校舎から墜落死した男子中学生が発見される。警察の操作では「自殺」ということになったが、匿名の告発状や不良グループとの喧嘩があったことから殺され手のではないかという噂が広がり…

宮部みゆきの五年ぶりの現代ミステリー小説。
中学校内での複雑な人間関係、次々と起きる墜落死にまつわる不可解な事件、いったい何が真相なのか、読み始めたら止められないミステリー小説。
寝るのを忘れる面白さだ。

何が面白いかって、読者を飽きさせない展開の妙や張り巡らせた思わせぶりな伏線もさることながら、すべての登場人物がそれはもう実在しているかのように生きているところがすばらしい。
優等生だったり不良だったり目立たなかったりする中学生をはじめ、先生や警察官やテレビ記者、はてはちょい役のおじさんから野良犬(登場しない?)まで、すべての人に人生がある。それを枝葉まできちんと描ききっている重厚感。
分厚い本が3冊になってしまうのもうなずける。

さらにこの事件がどのように決着するのかも予断を許さない。
ミステリーとしてのナゾはやや弱いものの、同級生が墜落死するという「事件」が起きて、それを自分たちで真相をつかもうと「決意」し、生徒たち自らが弁護士役,検事役,判事役,陪審員役を決めて学内で「法廷」を開き真相をつかもうとするドラマが読み応え十分だしスリリング。

最後までのんびり読むことのできないシリアスな展開。

「こんなに賢い中学生がいるのか?」という設定への疑問が、ずーっと頭の片隅にあったけれども、これはどうしても多感で自意識過剰で不安定な心をもつ14歳の中学生が主役でなければならない物語だったんだなあ。

昔はセブンティーンというのが多感な青春時代を代表する年齢だったように思うが、今はフォーティーンなんだなあ。
いろんなコトが低年齢化して、寿命はどんどん延びて。
15歳を志学、30歳を而立、40歳を不惑、50歳を知命、 60歳を耳順、70歳を従心と呼ぶけど、もっと年齢を切り上げないといけないかもしれない。
あるいは一度の人生で二回りするのかも。

◆関連記事◆
宮部みゆきさん新作「ソロモンの偽証」/ニュース 本よみうり堂 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
宮部みゆき『ソロモンの偽証』〈全三冊〉/新潮社
『ソロモンの偽証』 宮部みゆき/朴念仁と居候

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

機龍警察 暗黒市場/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:機龍警察 暗黒市場
・著者:月村了衛
・定価:1,900円
・出版社:早川書房
・発行日:2012/9/25

◆おすすめ度◆
・ハードボイルド警察小説度:★★★★★
・手に汗握るパワードスーツ型ロボットアクション小説度:★★★★
・浄化する過去のしがらみ度:★★★★★

◆感想◆
冒険小説ファンの魂を揺さぶる機龍警察シリーズの第3巻。
前作「機龍警察 自爆条項」では、女テロリストにしてスナイパーのイライザが主人公だったが、本書は、真っ当な警官でありたいと願いながらも複雑な過去の呪縛にとらわれ苦悩する元ロシア警官のユーリ・オズノフ警部が主人公。

事件が起き、ユーリの過去が語られ、物語の山を迎えるという構成は前作と同様だが、序盤からラストまで途切れない緊張感がハードボイルド。
ユーリ・オズノフの過去のパートだけで1本の中編警察小説になりそうな密度だ。
変革するロシアで暗躍するマフィア、腐った警察組織、その中で矜持をもって事件に立ち向かおうとする警官ユーリ・オズノフ。
そして裏切り。
その構図が現在の事件へと引き継がれる展開も見事。

特に後半の展開が素晴らしい。
ここが物語のクライマックスかと思ったら、さらに、またさらに手に汗握るシーンの連続。
ユーリの過去と現在の事件が複雑にリンクし、さらに日本の警視庁内部の構図とも相似させるシニカルさ。
すべてが渾然一体となった大盛り上がりのアクションシーンを経て、過去の呪縛から解き放たれるユーリに、前作のラストシーンのような浄化作用を感じる。

ちょっと作り過ぎの感じもあるけど、それを強引に納得させる説得力もある。

3人の機龍兵搭乗員のうち、「機龍警察 自爆条項」でライザ・ラードナーを、本書「機龍警察 暗黒市場」でユーリ・オズノフを主人公にしたからには、次作では3人目の機龍兵搭乗員・姿俊之が主人公で決まり?
コーヒー好きの理由が明かされそうで、それも楽しみ。

ユーリ・オズノフに感情移入すると、顔を歪めながら自分の掌を握ってしまう。

◆関連記事◆
『機龍警察 暗黒市場』 月村了衛 > 「このミス」完全読破 No.586/朴念仁と居候
機龍警察 自爆条項/月村了衛/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天空の犬/樋口明雄

◆読んだ本◆
・書名:天空の犬
・著者:樋口明雄
・定価:1,800円
・出版社:徳間書店
・発行日:2012/8/31

◆おすすめ度◆
・山岳(救助隊)小説度:★★★★★
・ハラハラドキドキの冒険小説度:★★★★
・山好きで犬好きの方に超おすすめ度:★★★★★

◆感想◆
南アルプスの山岳救助隊に、相棒の救助犬メイと一緒に赴任した星野夏実。様々な過去を抱える救助隊員たちと、過酷な訓練や遭難者の救助にあたるが…

南アルプスの北岳を舞台に、若き女性救助隊員のや救助隊のメンバー、さらに山岳救助犬の活躍と心のつながりを描いた山岳小説。

山岳救助隊、救助犬、遭難事故、といったキーワードを見るだけで、なんとなく内容はわかっちゃうんだけれど、それでも読み始めると止められない面白さ。
日々の訓練や救助隊のルーチンの描写、北岳の様子やそこで過ごす人々の日常が、なんのてらいもなく活き活きとしている。
それがとっても爽やかだ。

遭難者の救助シーンやラストに用意された事件も、山岳小説らしくスリルとサスペンスと遭難者救助にあたる厚い思いが伝わってくる。

そして何よりグッとくるのは、主人公の星野夏実と相棒の救助犬メイとの信頼関係。
犬好きにはたまらないぞ。
もう泣いちゃうもんね。

家族や愛犬とともに南アルプスの麓に住むという、著者ならではの山岳小説。
「約束の地」も超面白いから、そっちもどうぞ。

階段を上るだけで息切れがする自分は、とてもじゃないけど救助隊になんかなれないが、本書を読むと北岳を登ったような気分になれるから不思議だ。
北岳付近の地図や写真を見たりすると、臨場感倍増。
鉄道の時刻表を見ながら旅行した気分になったりするのと同じ?

◆関連記事◆
約束の地/樋口明雄/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

残穢/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:残穢
・著者:小野不由美
・定価:1,600円
・出版社:新潮社
・発行日:2012/7/20

◆おすすめ度◆
・背筋ゾクゾクなホラー小説度:★★★★★
・鳥肌もののドキュメンタリー度:★★★★
・私はこれを読んで下痢になりました度:★★★★★

◆感想◆
ホラー作家である主人公の女性に、ファンの女性から一通の手紙が来る。その手紙は、女性のマンションの部屋で、畳をほうきで掃くような怪音がするというものだった…

誰が読んでも主人公の女性は著者本人で、特定の人名や場所をのぞいては、実名で物語が進行するというドキュメンタリータッチ(あえて)のホラー小説。
これがもう背筋ゾクゾク、鳥肌立ちまくりの怖さだ。

女性の部屋でする怪音を調べるうち、同じマンション内で怪異な出来事が起きていることがわかり、さらに調べを進めると、それは時代をどんどん遡って拡大連鎖し、そして収斂していく。

怪異な出来事の原因を調べる様子は、事件の謎を解明しようとするミステリー小説を読んでいるようで、ぐいぐい引き込まれる。
現実主義を自認する主人公が怪異な出来事を考察する様は、「ゴーストハント」のロジカルでアカデミックな語りの部分と似て(ハイテクマシンや霊能者は出てきませんが)とってもリアル。

「ドキュメンタリー」と銘打つのも納得なんだけれども、本当にドキュメンタリーだったら怖すぎるっ。
ドキュメンタリータッチのホラー小説ということにしてください。

最後の方は背筋がゾクゾクして鳥肌立ちまくり。
おまけに下痢までしちゃいました。
恐るべし、「残穢」の伝染力(?)

同時期に刊行された「鬼談百景」の都市伝説っぽい怪談話のいくつかが、本書の中で実話?として関連づけられていたりして。
でもなんだか「鬼談百景」の怪談話の全部が、本書のメインとなる怪異に繋がっているようで。
改めて「鬼談百景」を再読しようかと思ったけど、すぐ読むにはヘビーすぎるからやめとこうと思います。

◆関連記事◆
小野不由美 『残穢』/AKASHIC NOTE
鬼談百景/小野不由美/サイト内
ゴーストハントシリーズ/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

羽月莉音の帝国 1~10/至道流星

◆読んだ本◆
・書名:羽月莉音の帝国 1~10
・著者:至道流星
・定価:全10巻合計6,432円
・出版社:小学館 ガガガ文庫
・発行日:2010/2/23~2012/2/22

◆おすすめ度◆
・ライトノベル風味の経済小説度:★★★★
・空前絶後の大風呂敷度:★★★★★
・スピード感/説得力/予断を許さぬ展開度:★★★★★
・若きサラリーマン,OLよ、大志を抱け度:★★★★

◆感想◆
女子高生の羽月莉音が立ち上げた「革命部」。「世界革命を起こし目標は建国!」というとんでもない目標をかかげ、彼女と幼なじみたちの5人の高校生が奮闘する革命的建国の経済小説。

ライトノベルなのに経済小説?と、ちょっと毛色の変わった本書だけれど、これがとっても面白い。

ゴミあさりやコスプレ写真で資金集めをはじめるが、あれよあれよと言う間に「革命部」を法人化。
さらに事業を手広く拡大させ、売上高も億から兆、さらに京とう単位の金額に。
革命部に対するのも、日本の会社経営者やヤクザにはじまり、中国の裏社会や世界的財閥などなど。
果てはロシアやアメリカ大統領までをも巻き込んでしまうという大風呂敷。

「高校生がそんな大胆な事業展開できるわけがない」と言ってしまえばそれまでだけど、読み進むうちそのライトノベルな設定とユニークなキャラクターさえご愛嬌に思えるほどの迫真で大胆な経済小説に。
著者も相当力入れてるのが伺えるし、癖のない文章も読みやすいし、スピート感もあるし、先の展開も予断を許さずワクワクするしの面白小説だ。

児玉誉士夫やロスチャイルド家など、実在の有名な人物をモデルにしたり、実在する秘密結社や組織をそのまんま使ったりする設定にちょっと首を傾げたくなるが、逆に「世の中は小説より奇なのだ」という若者へのメッセージとしてみれば、納得の舞台設定。

史実とフィクションを巧妙に織り交ぜて書いている所が、ライトノベルらしくないリアリティを感じさせる力にもなっている。
会社経営者である著者の経験や社会の見方も、それを補強しているなあ。

なんてことは別にしても、読みはじめたら止まらない宇宙まで飛んでいきそうなジェットコースター小説。
ちゃーんと地べたに着地する手腕もたいしたものだ。
世の中の道理が分りはじめた若きサラリーマンやOLにも超オススメ。

魔法とか出てこないしラブコメ要素も低いから、おじさんでも大丈夫。
本屋で買う時は恥ずかしいけどね。

ギャラクシードリンク、あるんだねえ!
ギャラクシードリンク
毒電波喫茶館

◆関連記事◆
羽月莉音の帝国感想まとめ(1)/ぐだぐだサンデー感想ブログ
羽月莉音の帝国/ライトノベル作法研究所
[ガガガ文庫]羽月莉音の帝国10/探本めんさが
SIDOU.net/著者のホームページ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

連環宇宙/ロバート・チャールズ・ウィルスン

◆読んだ本◆
・書名:連環宇宙
・著者:ロバート・チャールズ・ウィルスン
・定価:1,280円
・出版社:創元SF文庫
・発行日:2012/5/11

◆おすすめ度◆
・壮大なスケールのSF/ドラマチックな人間模様度:★★★★
・時間封鎖三部作ついに完結(仮定体の謎も解決)度:★★★★★
・面白い小説は、終わらない方がなお面白い度:★★★★★

◆感想◆
スピン封鎖が解除された地球のテキサス州で、一人の青年が警察に保護される。彼が持つノートには、1万年後に再生したタークの手記が書かれていた…

とうとう完結してしまった「時間封鎖」「無限記憶」「連環宇宙」の三部作。
「無限記憶」には本書の伏線がいっぱいあるようなので、すっかり忘れてしまった「無限記憶」の再読からしようと思い読みはじめると、これが面白い。
ささっと斜め読みしようと思ったのに、じっくり読んじゃう面白さ。
「忘れる」ってステキなことだ。

なんて感想はおいといて、本書「連環宇宙」は「無限記憶」に登場したターク等に新たな登場人物をくわえ、時間封鎖解除後の地球と、1万年後の世界が舞台となって展開。
物語はサスペンスと冒険小説風な味付けのSF的展開で進むが、ラストは仮定体の謎を含む大風呂敷をさらに広げて畳んじゃうという壮大なスケールのSFに。

「時間封鎖」を読みはじめたら、「無限記憶」「連環宇宙」と読まねば落ち着いた暮らしが出来ないというくらいの面白SFだ。
でも読み終わっちゃうと、なんかつまんない。
面白い長編小説は、「次はいったいどうなるんだ?ワクワク」という期待と興奮を抱かせながら、永遠に続いて欲しいぞ。

ロバート・チャールズ・ウィルスン 東京創元社 2012-05-11
売り上げランキング : 3973
by ヨメレバ

「時間封鎖」は続編が待ち遠しいシリーズのひとつだったんだけど、本書で完結。人生の楽しみがひとつ減ってしまった。
でも「天冥の標 」、「ソードアート・オンライン 」、「機龍警察 」、「十二国記 」(完結していないよな?)と気になる小説がいくつかあるので、頑張って生きて行こうと思う。(大げさ)

◆関連記事◆
〈時間封鎖〉三部作、遂に完結!/Webミステリーズ!
時間封鎖/ロバート・チャールズ・ウィルスン/サイト内
無限記憶/ロバート・チャールズ・ウィルスン/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

前のページ 次のページ

FC2Ad