だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

使命と魂のリミット/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書 名:使命と魂のリミット
・著 者:東野圭吾
・出版社:新潮社
・定 価:1,600円
・発行日:2006/12/5

◆評価◆
・病院を舞台にしたスリル&サスペンス小説度:★★★★
・緊迫の手術シーン度:★★★★★
・心からの気持ちが人の心を動かす度:★★★★

◆感想◆
亡くした父と同じ病気の人を助けたい。そんな思いで医学部を卒業した夕紀は帝都大学医学部で研修を行っていた。しかし彼女には、医師になったもう一つの動機があった…

大学病院で起きるスリルとサスペンス。
夕紀の亡くなった父親、研修医の彼女を指導する西園教授、病院でおきる事件と担当する刑事。
因縁めいた人間関係と緊迫の展開が、そりゃーもう芸術的な完成度で描かれる。

物語は単純だし、登場人物の暗い裏側を抉るような話でもなく、いってみれば人間の信するところ=使命を描いたエンターテイメントなドラマなんだけど、著者の職人ワザの極みを感じさせる。

最後の方はハラハラドキドキするやら、涙が止まらないやらでもう大変。
それでいてあざとさを感じさせないんだから、まいるっきゃない。

ただあまりにも著者の思い通りの反応で、くやしい自分が。
どこをどう描写すると、読者はどうゆう反応をするかが分かっているようで、そんな簡単に感動するもんかと思いながらも著者の狙い通りに感動してしまう単純さに、自分の平均的でお気楽な人生を見た気がする。

使命と魂のリミット/東野圭吾の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad