だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

超能力番組を10倍楽しむ本/山本弘

◆読んだ本◆
・書 名:超能力番組を10倍楽しむ本
・著 者:山本弘
・出版社:楽工社
・定 価:1,700円
・発行日:2007/3/28

◆評価◆
・暴かれる超能力の実体!度:★★★★
・良い子のための正しいテレビの見方度:★★★
・超能力に対する愛と鞭と鞭と鞭度:★★★★

◆感想◆
「FBI超能力捜査官」「TVのチカラ」といった、いわゆる超能力を扱ったテレビ番組のウソを暴き出すという、著者の科学に対する愛と似非科学に対する批判の本。

体裁は少年少女向けで、超能力といっときながらトリックがあったりテレビでは当っている部分しか放送しなかったりという、業界では当たり前のように行われている「ウソ」を、分かりやすく説明。
それも、放送局や番組名、出演者名など実名で書いているし、番組の画像も掲載されていて、かなり力の入った内容。

著者は「分からないことを解きあかそうとするのが科学だ」としきりに書いている。それはそうだけど、実際に放映された現場に趣いて番組の内容を検証したり、録画したシーンを何度も見直して矛盾点やトリックを見つけだすというのは、「科学」というより「執念」。

普通の人は「インチキっぽいよなぁ」「こんなのデタラメに決まってるじゃん」で終わらせてしまうところを、しつこく追求する姿が、逆に狂信的にも見えてきてインパクト十分。

超能力番組を10倍楽しむ本/山本弘の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad