だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

もうひと押しができない! やさしすぎる人の心理術/ゆうきゅう&大和まや

◆読んだ本◆
・書 名:もうひと押しができない! やさしすぎる人の心理術
・著 者:ゆうきゅう&大和まや
・出版社:日本実業出版社
・定 価:1,200円
・発行日:2006/5/1
     
◆評価◆
・やさしい心理学入門度:★★★★
・自分を見つめなおす手法度:★★★
・人の心を見つめる方法度:★★★★

◆感想◆
まぐまぐに、膨大な発行部数を誇る「セクシー心理学」というメールマガジンがある。とてもユニークで語り口もユーモアに溢れ、いつも面白く読んでいるんだが、そのメルマガの発行者による人間関係に悩んでいる人向けの本。

仕事でうまくいかない。恋愛で困っている。生活でやる気がでない。
そんな人向けに、心理学の手法を用いて解決する方法をテーマごとに解説。

実は、ゆうきゆう氏の著書をまとめて五冊ばかり読んだのだが、本書は分かりやすい具体例とアカデミックな解説がうまく並記されており、万人向けといった感じ。
人間関係で悩んでいる人や、悩んでいる人を抱えて悩んでいる人には、解決の助けになるかも。

しかし、人の心はミステリアスのようで結構画一的。
心理学者の思いを寄せつけないようなオバハンとかいそうだけど、普通の思考はきちんと体系付けられていることに、あらためて感心。

同時に読んだ「癒しのスーパー心理術:EB」。  EB:自分の中の「理想の存在」EBとの会話で、周囲に流されず、強く、
    魅力的になるという 心理学のテクニック。(著者の開発した方法?)

このEBという手法、けっこう面白く使える。
何かを考えたり決めたりする時、今まで自問自答していたのを、自分の中のEBと会話するように。
本当の使い方とはちょっと違うような気もするが、ディープに思考するタイプの人には、そのマニアックさがうけるかも。
しかしこれって、「自分は王様だ」という唯我独尊的思考を補強してしまう恐れはないのか?

セクシー心理学 http://sinri.net/

もうひと押しができない! やさしすぎる人の心理術/ゆうきゅう&大和まやの表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/8-a5376854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad