だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる!/宮嶋茂樹

◆読んだ本◆
・書 名:不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる!
・著 者:宮嶋茂樹
・出版社:河出書房新社
・定 価:1,200円
・発行日:2007/8/30

◆評価◆
・正しい少年のための人生指南度:★★
・あまり正しくない少年のための説教度:★★
・著者本人への縛り度:★★★

◆感想◆
「14才の世渡り術」と冠した、少年向けの人生指南書シリーズのなかの一冊。
カメラマンという著者の職業にちなんだ、情報の見方やメディアに対しての接し方など、少年が大人の世界に接触する時の注意点が書かれている。

さすがに少年向けということでいつものおちゃらけ文章は鳴りを潜め、いたって普通の語り口。
それでも報道写真への情熱や、TVニュースキャスターへの批判、メディアのウソのつき方など、少年には読みごたえのある内容か。

しかし少年への啓蒙書って、書いた本人を縛り付けることになりそうな感じ。
本シリーズのような「正しい」方向性を打ち出さなければならない本だと、あからさまな毒やエスプリを効かせた内容にするわけにもいかず、かといって間違った事を書くこともできず、基本と正道みたいなことしか書けない。
それを書いてしまうことで、逆に自分の行動を縛り付けるようなことになりそう。

いいおとなになれば、そうそう清く正しいことばかりしているわけもなく、そんな大人が書いた本の内容が、清く正しいことばかりというのもヘンだし。
大人なら、そのへんの機微を分かって読んでいるだろうが、少年はストレートに受け取りそうで怖い。
また、それを想定すると、著者は清く正しいことしかできなくなりそうで。

ま、そんな事を気にせず、正しい少年の心を裏切りまくるのが、大人というのものだが。

不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる!/宮嶋茂樹の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad