だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

the SIX ザ・シックス/井上夢人

◆読んだ本◆
・書名:the SIX ザ・シックス
・著者:井上夢人
・定価:1,600円
・出版社:集英社
・発行日:2015/3/10

◆おすすめ度◆
・少年向け超能力小説度:★★★
・見方を変えれば苦しいし、見方を変えれば楽しい度:★★★
・しんにゅうの謎度:★★★★★

◆感想◆
超能力ゆえに苦しむ少年や少女を主人公にした連作短編集。
ホラーやミステリーというより、心温まる少年向け超能力小説といった感じ。

大人が読んでも面白いが、主人公たちと同じ年頃の少年が読んだら、10倍面白く感じるかも、なんて思いながら読んでると…
ん、なんかしんにゅう(しんにょう)が変だ。

「道」「過」など普通は三画のしんにゅう「辶」の漢字が、四画のしんにゅう「辶」になっている。
これはもしかするととんでもないメッセージが隠されているのかも!
気づいて以降しんにゅうの漢字にばかり気を取られてなかなかストーリーが頭に入ってこないぞ。
それにしてもしんにゅうの漢字多いぞ。そのほとんどが四画のしんにゅう「辶」なんだけど、いくつかの漢字が三画のしんにゅう「辶」になっている!
全部読み終わってから数えると「辺」「送」など6文字の漢字だけが三画のしんにゅうだ!
書名も「the SIX ザ・シックス」だし、これは意味があるに違いない…

でもいくら考えても意味が分からない。
これはいったいどんなメッセージなんだ?
それともメッセージなんてないのか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/536-9c0eb775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad