だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

フォルトゥナの瞳/百田尚樹

◆読んだ本◆
・書名:フォルトゥナの瞳
・著者:百田尚樹
・定価:1,600円
・出版社:新潮社
・発行日:2014/9/25

◆おすすめ度◆
・不思議な能力を持った男の半生度:★★★★
・究極の選択度:★★★
・どうなる!どうなる?度:★★★★
・こうなる?そうなるの↓度:★★

◆感想◆
電車に乗っていた慎一郎は、ふと目にしたサラリーマンの手が透けているように見えた。目の錯覚かと思ったが…

不幸な生い立ちで友人もおらず、趣味もなければ彼女もいない。そんないつもうつむいて歩いているような主人公の慎一郎だったが、あるとき自分に不思議な能力が備わっていることに気づいてから、人生が大きく変化する。
その能力をどう使うべきなのか、あるいは使わないほうがよいのか。
あまりに人に与える影響力が大きく、次第にその力を持て余し、さらにそれに振り回されるようになるが…

読みやすさは抜群の本書。
読み始めは「どうなる!どうなる?」という先を知りたい気持ちでぐんぐん読み進むが、次第に「こうなる?そうなっちゃうの」というミステリーファンならずとも結末が予想される展開に。

ウブな恋愛模様はそれなりにドキドキするけれど、思いもよらないびっくりなラストでドキッとしたかったと思うのは贅沢?

「カルネアデスの舟板」とか「トロッコ問題」とか「冷たい方程式」とか、究極の選択を迫られるケースが物語のテーマになるこもしばしば。
結局は自分に身近な人を助けるということになるんだろうなあ。
でもそうしないところにドラマが生まれるんだろうなあ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/529-3b5857f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad