だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

鹿の王/上橋菜穂子

◆読んだ本◆
・書名:鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐ 鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
・著者:上橋菜穂子
・定価:上1,600円 下1,600円
・出版社:角川書店
・発行日:2014/9/25

◆おすすめ度◆
・一気読みの異世界ファンタジー小説度:★★★★★
・巨大帝国の思惑と弱小部族の生き残り戦略度:★★★★
・人体∽社会 とちらも生きるために必死度:★★★★
・やんちゃで元気なユナが可愛すぎる度:★★★★★

◆感想◆
帝国に囚われ岩塩鉱で強制労働を強いられる戦士団<独角>のヴァン。ある夜、岩塩鉱の労働者たちが犬の群れに襲われ、そのかみ傷が原因と思われる奇病が発生するが…

「守り人」シリーズや「獣の奏者」シリーズがめちゃ面白い上橋菜穂子の長編。
期待に違わず面白い。
巨大帝国の思惑や、帝国に吸収され虐げられている弱小部族の反乱や、特異な医療技術を武器に帝国と一定の距離をとりながらも活路を見出そうとしている民族など。
様々な人々の想いを背景に、岩塩鉱で強制労働させられていた戦士のヴァンが、いかにして生き残るかという一種のサバイバル小説でもある。

物語の発端となるのは犬のかみ傷が原因と思われる奇病。
罹患した人や、それを治そうとする医師、さらにその病を戦略的に使おうとする人たち。
そして自らの生き残りをかけた行動さえ、人々の思惑に捕われ翻弄される主人公のヴァン。
いったい彼の前にはどんな道があるのか…

物語は、なにもここまで複雑にしなくても、と感じるような多面的な展開である一方、人体はミクロコスモスというテーマを社会にも敷衍する構成とすれば納得も。
医学に関する考え方や、人が生きるという意味を自らに問う登場人物たち。子供向けのファンタジーと侮ってはいけない。

もう一つの読みどころが、ヴァンが助ける幼い「ユナ」と名付けられる少女。
やんちゃで元気なユナが、それはもう可愛すぎ。
戦士じゃなくても、この子を助けるためには何でもしようという気になっちゃうこと必至のお茶目さ。
ラストも爽やかで暖かい。

著者の「精霊の守り人」が、綾瀬はるか主演で2016年にNHK大河ファンタジーとして実写化。 個人的には、女用心棒のバルサは天海祐希が一押しだったのですが。

◆関連記事◆
『鹿の王』上橋菜穂子 著者インタビュー

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/528-3ced3d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad