だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

土漠の花/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:土漠の花
・著者:月村了衛
・定価:1,600円
・出版社:幻冬舎
・発行日:2014/9/20

◆おすすめ度◆
・単純明快なストーリーに手に汗握る展開度:★★★★
・登場人物の想いに冒険小説の魂を見る描写度:★★★★
・今、月村了衛が熱いぜ度:★★★★★

◆感想◆
ソマリアの国境付近に墜落したヘリの捜索活動にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち。そこに突然助けを求めてやってきた女性は、氏族間抗争で命を狙われている女性だった…

月村了衛、面白い!

武器はおろか食料や通信手段もないなかで、いかに敵から逃げるかという、単純明快なストリーがいいぞ。
迫る敵、土漠の暑さ、仲間内での確執。いろんな問題を抱えながら、様々な工夫とスキルを駆使して戦う様子がスリルとサスペンス。

登場人物達の人物像も熱い。
まるで昔の冒険小説を読んでいるような「魂」を感じる。

機龍警察シリーズをはじめ、時代小説をも手がける月村了衛。
もう書きたいことが山のようにあって、筆が追いつかないようだし、またどれも熱い「魂」を感じる筆致。

今、月村了衛が熱いぜ。

撤退の途中に遭遇する「ハムシン」
こんなかんじなのだろうか。こりゃタマラン!

◆関連記事◆
『土漠の花』(月村了衛)/馬場秀和ブログ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/527-13b9820b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad