だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ぼくは〈眠りの町〉から旅に出た/沢村凛

◆読んだ本◆
・書名:ぼくは〈眠りの町〉から旅に出た
・著者:沢村凛
・定価:1,400円
・出版社:角川書店
・発行日:2014/1/30

◆おすすめ度◆
・少年少女向けの心暖まるファンタジー小説度:★★★
・自分探しの旅/仲間との固い結束度:★★
・予想不能の結末度:★★★

◆感想◆
悩みも不安もない穏やかな〈眠りの町〉。そこで一人の奇妙な男に出会った「ぼく」は、その男につれられるようにして旅に出るが…

なんだかフワフワとした心地よい夢の国にいるような「ぼく」が、仲間を捜しながら自分探しの旅をするというロードノベル風のファンタジックな冒険小説。

多感な小学生が読めば清く正しい大人になりそうな正統派ファンタジーでありながら、おじさんが読んでも「いったい結末はどうなるんだ?」という興味がラストまで持続するあっぱれな展開。
とっても心暖まる結末も、学校で嫌なことがあって凹んでる小学生にぴったりです。

うつらうつらとしている〈眠りの町〉、とっても魅力的です。
そこから自分探しの旅に出るより、自分がないままへらへらと過ごしたいと思うのは人生に疲れている証拠でしょうか。

同時に出版された「通り雨は〈世界〉をまたいで旅をする」は、ファンタスティックなSF。こっちは小学女子向け?なストーリーでしたが、骨太なファンタジー小説を手がける著者らしく、特異な物語世界を築いてます。

◆関連記事◆
『ぼくは〈眠りの町〉から旅に出た』『通り雨は〈世界〉をまたいで旅をする』著者 沢村凛さん bestseller's interview 第54回/新刊JP

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/516-67f38e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad