だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ /三上延

◆読んだ本◆
・書名:ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~
・著者:三上延
・定価:570円
・出版社:メディアワークス文庫
・発行日:2014/1/24

◆おすすめ度◆
・古書にまつわるミステリー小説度:★★★
・栞子と大輔の関係はいかに!度:★★★★
・全然気づかなかったトリック度:★★★★

◆感想◆
やたらと本に詳しいわりに、接客にはまるで不向きな美人の古書店店長・栞子。そんな彼女に告白した無骨な青年店員・大輔。二人の関係はいかに! そして栞子の母・智恵子はどのように物語に関わってくるのか…

という「ブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第5巻。
「彷書月刊」「ブラック・ジャック」「われに五月を」などの古書にまつわる謎を解き明かしていきながら、栞子と大輔の恋の行方が描かれる。
相変わらず古書の蘊蓄はマニアックだし、栞子の推理も光ってる。

「知識」の奈落にはまっている智恵子という「モンスター」が、なんだかとってもおどろおどろしい印象で「あんまりリアリティないなぁ」なんて思っているときに、テレビで荒俣宏を発見。
やっぱリアリティあるんだな、と思いを替えた次第です。

エピローグの栞子と大輔のシーンは、前作の「ライトノベルなノリ」同様、なんだかとってもいい感じで胸キュンです。

プロローグを読み違えた読者が、アマゾンのレビューを読んで目から鱗のトリックに「やられた!」と関心しているようだけど、プロローグを読み違えるどころかなーんにも気づかなかった自分はいったい…
「4巻のカバー」にも同じようなトリックがあるらしいが、カバーをろくに見もしない自分はいったい…

◆関連記事◆
『ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.718/朴念仁と居候
シリーズ累計550万部突破! メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第5巻発売!/PR TIMES
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~/三上延/サイト内
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上延/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/514-c5197e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad