だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

雪月花黙示録/恩田陸

◆読んだ本◆
・書名:雪月花黙示録
・著者:恩田陸
・定価:1,600円
・出版社:角川書店
・発行日:2013/12/31

◆おすすめ度◆
・シュールな展開度:★★
・サイケな世界度:★★
・キッチュな文化度:★★

◆感想◆
近未来の日本を舞台にした学園&アクション小説。

なんだかちょっと昔の日本を舞台にした一風変わったライトノベルのようでもあるが、美青年&美少女剣士やド派手な未確認飛行物体やとってつけたような生徒会長選挙やスライム状のバケモノや妙に親切なラーメン屋の双子親父などなどが山盛りで、とってもシュールでサイケでキッチュ。

チャンバラシーンを交えながら、ミヤコという文化都市の謎に迫る美少年美少女剣士たち!な展開に、おじさんな自分はタジタジ。

恩田陸、チャレンジャーです。

キラキラとした本の装幀が、内容とベストマッチです。

◆関連記事◆
雪月花黙示録/アマゾン(著者本人がコメントしてる動画です)

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/511-73ab9486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad