だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

自分では気づかない、ココロの盲点/池谷裕二

◆読んだ本◆
・書名:自分では気づかない、ココロの盲点
・著者:池谷裕二
・定価:880円
・出版社:朝日出版社
・発行日:2013/12/20

◆おすすめ度◆
・簡単な認知バイアスに関する問題と解説集度:★★★
・お手軽な目鱗心理学本度:★★★
・もっとたくさん&深く解説して欲しい度:★★★★

◆感想◆
認知バイアスに関する簡単な問題と解説で構成された心理学入門書。
池谷裕二のファン、あるいは心理学に詳しい方には、やや物足りない内容か。そうでない方には目から鱗がぼろぼろと落ちるような、びっくり本。
簡単な暗示で記憶力の低下を防げる「プライミング効果」、ジンクピリチオン配合のシャンプーは効果があると思っちゃう「ジンクピリチオン効果」、相手にウソをつけなくさせる「人格同一性効果」…
人間のすることやることは、こうやってみせられるととっても単純で、かわいそうなくらいに間抜けです。

その他にも「みんな」は3人以上とか、物知りはおしゃべりとか、脳は理由を問われると作話するとかの小ネタも。

全部で30問の問題と解説がありますが、もっとたくさん、そして深く解説して欲しくなる一冊です。
巻末にある、認知バイアスに関する183の用語全部について解説して欲しいほどです。

心理学に詳しくなり過ぎて、友人の心理を分析して問い質したりすると、嫌われ者になるから気をつけましょう。

◆関連記事◆
『ココロの盲点』新刊超速レビュー/HONZ ノンフィクションはこれを読め!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/508-7fc92f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad