だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

祈りの幕が下りる時/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:祈りの幕が下りる時
・著者:東野圭吾
・定価:1,700円
・出版社:講談社
・発行日:2013/9/13

◆おすすめ度◆
・じっくり読ませるミステリー小説度:★★★★
・つながる点と点、交わる線と線度:★★★★
・原発事故も昇華させ題材に度:★★★★

◆感想◆
「加賀恭一郎シリーズ」の最新作。本人が刑事として登場するだけでなく、物語られる側にもなるという、じっくり読ませるミステリー小説。
プロローグの部分から物語に引き込まれること必至です。
一見バラバラに見える事件が、しだいにつながっていく展開の妙。
別々の人生を送っていた人々が、偶然に、そして必然と交わる人生の奥深さ。

とんでもなく驚いたり唖然としたり冷や汗かいたりすることはありませんが、しみじみとじっくり読ませます。
原発事故を小説の題材として昇華させる巧みさも見事です。

シリーズを重ねるごとに加賀恭一郎がいい男に見えてきます。
信念を持って事件捜査に当たり、沈着冷静で鋭い洞察力をもち、剣道の腕前は全日本選手権で優勝するレベル。
もうかないません。
対抗できるのは湯川学くらいです。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/501-fefdf31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad