だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

夢幻花/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:夢幻花
・著者:東野圭吾
・定価:1,600円
・出版社:PHP研究所
・発行日:2013/5/2

◆おすすめ度◆
・超絶ミステリー小説度:★★★★
・とっちらかった前半/俄然面白い後半度:★★★★
・読んだ後「黄色いアサガオ」で絶対検索する度:★★★★

◆感想◆
朝顔市で偶然出会った孝美に心を惹かれる蒼太。メールやデートを重ねるうちしだいに彼女のことしか考えられなくなる蒼太だったが、ある日唐突に別れを告げられ、連絡がとれなくなってしまう…

1962年に起きた陰惨な殺人事件。そして物語の主人公・蒼太が中学2年生の時の淡くも忘れられない孝美との恋模様。この二つを、プロローグにしたミステリー小説。

蒼太と孝美との恋模様と、過去の陰惨な事件がどのように繋がるのか。

前半はややとっちらかった感じ。
「もうちょっとじっくりと人物や背景を描写してよん」なんて著者に注文を付けたくなるような思いだったけど、後半になると「やっぱりミステリー小説って面白いっ」と俄然著者びいきに。

断片的な出来事や人物が、あれよあれよと繋がっていく様は、ミステリー小説の真骨頂。
閉じかけたまぶたも完全に開き、読み終わるまでは眠れません。
おまけに読んだ後「黄色いアサガオ」で絶対検索しちゃいます。

東野圭吾はミステリー小説のホームラン王です。

まいた種はすべてキチンと回収して物語の厚みにしていく東野圭吾。プロフェッショナルだなあと感嘆至極。
書き始める前にきちんとした設計図があるんだろうか。
それとも局面を直感的に読むプロ棋士のように、物語全体をイメージしているのか。
どっとにしてもスゴいには違いない。

◆関連記事◆
東野圭吾『夢幻花』特設サイト/PHP研究所
東野圭吾「こんなに時間をかけた作品はない」 幻の一作がついに発売(WEB本の雑誌)/Yahoo!ニュース

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

はじめまして。

私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

  • 2013/05/09(木) 15:48:57 |
  • URL |
  • 読書ログ #iE545MNQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/490-1979b4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad