だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

レジスタンス、ニッポン/戸梶圭太

◆読んだ本◆
・書名:レジスタンス、ニッポン
・著者:戸梶圭太
・定価:1,600円
・出版社:双葉社
・発行日:2013/3/24

◆おすすめ度◆
・型破り結婚相談所&革命小説度:★★
・型破りな展開度:★★
・型破りな登場人物度:★★★

◆感想◆
バンドでのメジャーデビューの夢を断たれた活人は、叔父の経営する結婚相談所で働くようになるが…

自分のことしか考えない常識はずれの会員ばかりの結婚相談所。
「そりゃあ相手が見つからないよ」なヒドイ大人たちの姿を、トカジらしい激ヤバな表現で描写しつつ、主人公活人が世の中に失望するのが前半。
後半ではなんと、そんな「腐った日本に革命を!」な、型破りの展開。

傭兵やテロリストの登場など、脈絡があるようなないような、意表をついた展開で考え込んじゃいます。
が、そんなことは気にせず、型破りな罵詈雑言に感動するのもいいかと。
これだけ悪口を考えるだけでもけっこう大変そうですが、トカジジャンキーにはちょっと物足りないかも。

同時期に出版された「おじいちゃんもう一度最期の戦い」
こっちの方が、激しくぶっちゃけてます。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/488-6e118a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad