だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上延

◆読んだ本◆
・書名:ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
・著者:三上延
・定価:570円
・出版社:メディアワークス文庫
・発行日:2013/2/22

◆おすすめ度◆
・お題は江戸川乱歩なミステリー小説度:★★★★
・ついにお母さん登場度:★★★
・栞子と大輔の関係に進展はあるのか度:★★★

◆感想◆
江戸川乱歩の膨大なコレクションと引き換えに、古い金庫をあけて欲しいという依頼が舞い込む。栞子と大輔は金庫をあけようと、謎めいた依頼主に聞き取りを始めるが…

だんだんシリーズ全体の流れが分かってきて、今回はついに栞子さんのお母さんも登場して、しだいに物語が収束する分「これからどうなる?」な興味も薄れていくようで、ちょっと寂しい。
お題の「江戸川乱歩」の古書にまつわる蘊蓄も、なんだかいつものキレがないような。

期待が大き過ぎたというか欲張り過ぎというか、困ったもんです。

それでも読み始めれば一気だし、ひねりの効いた仕掛けもちゃんとあるし、どうやらこのシリーズもそろそろ後半だということで、シリージ完結までは続編が待ち遠しい毎日なのです。

お母さんのマニアな問いに答える栞子の台詞が、本書の一番の読みどころだったりして、「ライトノベルなノリ、悪くないぞ」なんて思ったり。

「剛力彩芽もいいけれど、夏帆の方が原作のイメージに合ってる」に一票。

◆関連記事◆
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~/三上延/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/482-f6216e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad