だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天冥の標6 宿怨 PART1,2,3/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標6 宿怨 PART1,2,3
・著者:小川一水
・定価:PART1.720円 PART2.760円 PART3.880円
・出版社:ハヤカワ文庫JA
・発行日:PART1.2012/5/15 PART2.2012/8/25 PART3.2013/1/25

◆おすすめ度◆
・完結までは死ねない超絶面白SF小説度:★★★★★
・ミクロでドラマチック、マクロで希有壮大度:★★★★★
・嗚呼、こんなことに!/これからどうなる?度:★★★★★
・ラリー車の助手席に乗ってる気分度:★★★★★

◆感想◆
人工宇宙島スカイシー3で遭難した《救世群》の少女イリサは、《非染者》のアイネイアに助けられるが…

待ちに待った天冥の標6 宿怨のPART1〜3。
待ったかいがあったの怒濤の展開。

《救世群》の少女イリサと、《非染者》の少年アイネイアのちょっとスリリングでほんわかしたボーイ・ミーツ・ガールな物語だと思いきや、そこに今まで登場してきた《恋人たち》《咀嚼者》《酸素いらず》などの役者をそろえ、 《MHD社》《ロイズ非分極保険社団》《ドロテア・ワット》《シェパード号》などの大道具を配置し、《カルミアン》《ノルルスカイン》《ミスチフ》といった壮大な舞台背景を設定した、完結までは死ねない超絶面白SF小説に。

もう読み出したら止まりません。
ミクロ(ローカルな人間ドラマ)な展開と、マクロ(壮大な知性の戦い)な展開があいまって、そりゃもう大騒ぎ。
必至にしがみついていないとはじき飛ばされる勢いです。

それにしても「嗚呼、こんなことに!」な《救世群》
ある意味必然な展開なんだろうなあ。

役者がほぼ出そろった感のある天冥の標6 宿怨。
シリーズの全体像が見えてきた感じもしますが、それにもまして「これからどうなる」感でいっぱいです。

ちょっとでもSFに興味のある方には強力おすすめ。
続刊を待ちこがれる思いで、身もだえること必至。

壮大な長編小説を大河小説といったりするが、宇宙規模の歴史や時空間をあつかった長編小説は何と呼ぶんだろうか。

大海小説?
大宇小説?

やっぱりSF小説?

◆関連記事◆
天冥の標(6) 宿怨 PART1/小川一水/booklines.net
天冥の標(6) 宿怨 PART2/小川一水/booklines.net
小川一水「天冥の標6 宿怨 PART1」/phantasmagoria
さようなら、みんな『天冥の標 6 宿怨 PART3』:小川一水/基本読書
標、ついに見ゆ - 中途書評 - 天冥の標 I-VI/404 Blog Not Found
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内
天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/478-4579918c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad