だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

謎解きはディナーのあとで 3/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:謎解きはディナーのあとで 3
・著者:東川篤哉
・定価:1,500円
・出版社:小学館
・発行日:2012/12/17

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー小説度:★★★★
・コミカルだけど結構本格度:★★★
・新たな展開があるようなないような度:★★★

◆感想◆
大人気ベストセラー「謎解きはディナーのあとで」の第3弾。

軽妙でコミカルなタッチの作風は従来通り。
とんでもなく売れたけど、それを衒うわけでもなく一定水準のミステリー小説にまとめあげているのはさすが。
プレッシャーに負けないで、これからも「ぐふっ」と笑えるミステリーを読ませて欲しいと思わせる。

でも登場人物や描写、舞台などがマンネリと言われそうな気も。

安楽椅子探偵役の執事・影山や、国立署の上司・風祭警部との関係に新たな展開が!みたいな雰囲気だけど、偉大なるシリーズ物にはそんな小細工は不要。
「サザエさん」や「水戸黄門」みたいに、マンネリこそがシリーズ物のキモ。
登場人物は成長なんてしなくてもいいんである。
舞台は国立周辺でもいいんである。
ぜひともこの雰囲気のまま、続編が読みたい。

今なら、もらってちょっと嬉しい「特製クリアファイル」のおまけ付き。
そういえば「謎解きはディナーのあとで 2」でも特製クリアファイルをゲットしたけど、あれはいったいどこにいったんだろう?

◆関連記事◆
「謎解きはディナーのあとで 3」東川篤哉/雨降りだからミステリでも読もう・・・
謎解きはディナーのあとで 2/東川篤哉/サイト内
謎解きはディナーのあとで/東川篤哉/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/473-d80c83bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad