だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

噂の女/奥田英朗

◆読んだ本◆
・書名:噂の女
・著者:奥田英朗
・定価:1,500円
・出版社:新潮社
・発行日:2012/11/30

◆おすすめ度◆
・奥田式悪女小説度:★★★
・男ってしょうがない生き物度:★★★
・女は怖いねえ度:★★★

◆感想◆
地方の町を舞台にした、シニカルな悪女小説。男ってしょうがない生き物だねえ度と、女は怖いねえ度の高い連作長編小説。

美人じゃないけど肉感的で蠱惑的な女性・糸井美幸が主人公。
彼女の周りにはいつも男と黒い噂がつきまとう。
会ってみると、とたんにその色っぽさに惹かれてしまうという魔性の魅力を持つ彼女。
同性に対しても以外といい感じで、強気でしっかりした態度に女も惹かれてしまう人物。
いったい彼女の本性は?

「女は怖いねえ」と思う一方、へらへらと惑わされてしまう男もだらしないというかバカというか「頭の中はエロいことしかないのかよ」みたいな。
でもこれがそうなんだなあ、エロいことしか考えていないだなあ男は。
きれいなお姉ちゃんにちょっと「ニコッ」とされただけで、「ん、おれに気があるのか」と思っちゃう生き物なんだなあ。

そんな男たちを惑わせながら、自分の思うように生きようとする主人公に、共感する女性もいるかも?

コネや噂がはびこる刺激の少ない地方都市で、おのが欲望第一の人々が巻き起こす(大騒動じゃなくて)中騒動。

井川遥か井上和香。
主人公の糸井美幸はそんな感じです、はい。
近くでにっこりされたら、しっぽ振ってくっついていっちゃいます、はい。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/470-b502f346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad