だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ダイイング・アイ/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書 名:ダイイング・アイ
・著 者:東野圭吾
・出版社:光文社
・定 価:1,600円
・発行日:2007/11/25

◆評価◆
・ミステリータッチのサスペンス度:★★★★
・SFチックなホラー度:★★★★
・夢に出てきそう度:★★★★★

◆感想◆
深夜、自転車で自宅に向かっていた美菜絵。信号待ちをしているとき、後ろから来た車にはねられてしまう。その瞬間、走馬灯のように浮かぶ半生。今までの幸せだった生活を突然終わらされたことに対する憎しみと恨み。彼女は運転している人を睨みつけながら死んでいく…

物語の主人公は、美菜絵の交通事故の関係者である慎介。
彼は何者かに頭部を強打され、記憶の一部がなくなってしまう。その記憶を取り戻そうとするうち、美菜絵の交通事故にからむ様々な謎が分かってくるという仕掛けだ。

展開はミステリータッチだが、美菜絵の夫がマネキン職人だったり、謎の妖艶な美女が登場したりと、ホラーな味付け満タン。
この妖艶な美女が、なんたってうすら怖い。

神秘的な表情、男を試すようなそして誑かすような言葉、そして目。

なんだか悪夢に出てきそうだ。

怖いよー、一人でトイレに行けないかも。
でもちょっとだけなら、お手合わせしてもいいかも。

ダイイング・アイ/東野圭吾の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad