だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

禁断の魔術 ガリレオ8/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:禁断の魔術 ガリレオ8
・著者:東野圭吾
・定価:1,400円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2012/10/15

◆おすすめ度◆
・技術系ミステリー短編小説度:★★★★
・ちょっといい話な落ち度:★★★★
・湯川がかっこいい度:★★★

◆感想◆
天才物理学者の湯川が、事件をスパッと解決するガリレオシリーズの最新刊。
「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」の4編を収録。

超能力や超常現象をテーマにしたようなタイトルが並ぶが、中身は技術系。
つかみは超能力系でOK、みたいな。

一見無関係な二つの事件を、無駄なくスムーズに癒合させる展開も読みどころ。
「ちょっといい話じゃん」と思わせる落ちもステキだ。

それにしも湯川のキャラクターがどんどんかっこ良くなってるぞ。
科学者らしい裏付けのある推理と、骨太の信念も基づいた行動。
つっけんどんでクールなようでいて、人の心を大切にする湯川。
女にモテそう。
ドラマ化されてから、湯川のキャラがより明確に二枚目系になってる気がする。

本書「禁断の魔術 ガリレオ8」発売前に文芸春秋では「タイトル読み方当てクイズ」をやっていたんだけど(全然当たらなかった)、今度は感想募集の企画が。
抽選で記念品がもらえるらしい。

◆関連記事◆
東野圭吾『禁断の魔術 ガリレオ8』/文藝春秋 特設サイト
『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾 著)/本の話WEB
「禁断の魔術 ガリレオ8」東野圭吾/雨降りだからミステリでも読もう・・・

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/467-83d45ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad