だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

はぶらし/近藤史恵

◆読んだ本◆
・書名:はぶらし
・著者:近藤史恵
・定価:1,500円
・出版社:幻冬社
・発行日:2012/9/25

◆おすすめ度◆
・ちょっと怖いサスペンス小説度:★★
・男には描けない女性心理度:★★★
・むずむずもどかしくなる度:★★

◆感想◆
一人暮らしをしている脚本家の鈴音。高校時代の友人・水絵から突然「相談したいことがある」と連絡を受けるが…

リストラされ、旦那とも別れてしまい、子供と二人で途方に暮れている水絵。彼女は一週間だけでいいからた水絵の家に泊めて欲しいという。
しかし一緒に暮らし始めると、常識とわずかに異なる水絵の行動や言動が気になり始めるという展開。

そりゃ気になります。
新しいのを買ってきたからといって、貸した歯ブラシを、しかも1回使ったものを返されたらドン引きです。
もうその時点で蹴飛ばしてい追い出してやればいいものを、気のいい鈴音は相手を思いやって親切にしてしまう。

これはミステリー小説というより、不可解で不条理な女性心理をサスペンスタッチで描いた、困ったちゃん小説ですね。
女性心理には興味ありますが、こんなねちねちとした描写はあんまり自分好みではなく残念。
読んでいてむずむずともどかしく、「もっとダイナミックでドバーッとした展開にして!」と、叫びたくなる思いでした。

ねちっこい性格のへんてこな女性に興味がある方は是非。

本当に困って居候するなら愛想良く、悪意をもってそうするならさっさと悪事を働くのが普通の男の考えること。
女性だとそうならないところが不可解で不条理ですね。

◆関連記事◆
近藤史恵『はぶらし』特設サイト/Webマガジン幻冬舎

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/464-32db80c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)