だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ビアンカ・オーバースタディ/筒井康隆

◆読んだ本◆
・書名:ビアンカ・オーバースタディ
・著者:筒井康隆
・定価:950円
・出版社:星海社FICTIONS
・発行日:2012/8/16

◆おすすめ度◆
・刺激的ライトノベル度:★★★★
・ライトノベルを超えたエロ&SF&アクション&文明批評度:★★★★
・「ウブメ効果」と「太田が悪い」に大笑い度:★★★★★

◆感想◆
自他ともに認める超絶美少女のビアンカが主人公の、刺激的ライトノベル。
各章のタイトルが「哀しみのスペルマ」「喜びのスペルマ」「怒りのスペルマ」「愉しきスペルマ」「戦闘のスペルマ」と、これだけ見ても普通のライトノベルじゃないことがすぐわかる。

内容は、生物研究部員のビアンカがウニの受精の様子を見るだけでは飽き足らず、人間の精子を採取して受精の実験をしてしまおうという、パンチラだけで終わりっぽいライトノベルを軽く超えちゃう過激な展開。

さらに美少女にそこまでやらすか!なエロな展開ありの、いきなりのSF的展開ありの、取って付けたような文明批評ありの内容。
設定はライトノベルだけれど「ライトノベルじゃないだろう」なトンガリよう。過激です。

ライトノベルのエロは甘い!
ライトノベルのSFは普通すぎる!
ライトノベルのアクションは想定内すぎる!
ライトノベルの文明批評はまともすぎる!
みたいな感じでしょうか。

なんだか昔の著者の小説を読んでいるようで、懐かし楽しく読めた。
「ウブメ効果」と「太田が悪い」が笑いの壷にはまって、思わず「ブハッ」でした。

筒井康隆がライトノベル?と思たけれど、元々ライトノベルな小説も数多くあって、別に驚くことではなかったですね。

◆関連記事◆
21世紀版「時をかける少女」!? 筒井康隆がラノベデビュー/ダ・ヴィンチ電子ナビ
筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』/小説☆ワンダーランド

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/461-386c7ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)