だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天空の犬/樋口明雄

◆読んだ本◆
・書名:天空の犬
・著者:樋口明雄
・定価:1,800円
・出版社:徳間書店
・発行日:2012/8/31

◆おすすめ度◆
・山岳(救助隊)小説度:★★★★★
・ハラハラドキドキの冒険小説度:★★★★
・山好きで犬好きの方に超おすすめ度:★★★★★

◆感想◆
南アルプスの山岳救助隊に、相棒の救助犬メイと一緒に赴任した星野夏実。様々な過去を抱える救助隊員たちと、過酷な訓練や遭難者の救助にあたるが…

南アルプスの北岳を舞台に、若き女性救助隊員のや救助隊のメンバー、さらに山岳救助犬の活躍と心のつながりを描いた山岳小説。

山岳救助隊、救助犬、遭難事故、といったキーワードを見るだけで、なんとなく内容はわかっちゃうんだけれど、それでも読み始めると止められない面白さ。
日々の訓練や救助隊のルーチンの描写、北岳の様子やそこで過ごす人々の日常が、なんのてらいもなく活き活きとしている。
それがとっても爽やかだ。

遭難者の救助シーンやラストに用意された事件も、山岳小説らしくスリルとサスペンスと遭難者救助にあたる厚い思いが伝わってくる。

そして何よりグッとくるのは、主人公の星野夏実と相棒の救助犬メイとの信頼関係。
犬好きにはたまらないぞ。
もう泣いちゃうもんね。

家族や愛犬とともに南アルプスの麓に住むという、著者ならではの山岳小説。
「約束の地」も超面白いから、そっちもどうぞ。

階段を上るだけで息切れがする自分は、とてもじゃないけど救助隊になんかなれないが、本書を読むと北岳を登ったような気分になれるから不思議だ。
北岳付近の地図や写真を見たりすると、臨場感倍増。
鉄道の時刻表を見ながら旅行した気分になったりするのと同じ?

◆関連記事◆
約束の地/樋口明雄/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/460-78230e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)