だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

アラミタマ奇譚/梶尾真治

◆読んだ本◆
・書名:アラミタマ奇譚
・著者:梶尾真治
・定価:1,600円
・出版社:祥伝社
・発行日:2012/7/30

◆おすすめ度◆
・ファンタジックSF小説度:★★★
・阿蘇山にはそんな不思議な歴史があったのか度:★★
・小学校の図書室にはもれなく置いてほしい度:★★★★

◆感想◆
恋人の千穂と一緒に、彼女の実家のある阿蘇行きの飛行機に乗った知彦だったが、突然の衝撃に気を失ってしまう。そして知彦が意識を取り戻したのは病院。ニュースで飛行機が墜落したこと、さらに知彦以外の全員が行方不明となっていることを知るが…

カジシンらしい愛と勇気の物語。
テーマとなる謎・不思議が阿蘇山由来、というのが日本昔話風でもある。

前半は、恋人を捜す知彦と不思議な使命をもった人たちとの出会いに、阿蘇山の不思議を絡めて展開。
後半は、あらぶるモノとの戦いを全面にだしたアクションファンタジー。
どちらかというと少年向けの展開で、小学校の図書室にはもれなく置いてほしいと思わせる内容だ。

ちょっと「サラマンダー殲滅 」を思い出させる設定もあったりして、カジシンファンは思わず「うんうん」とうなずきそう。
阿蘇山というパワースポットに詳しい方なら、より本書を楽しめるかも。

ウィキペディアの「阿蘇山の伝説」から抜粋。

大昔の阿蘇は外輪山に切れ目が無く、その中には水がたまって広大なカルデラ湖になっていた。健磐龍命はこの水を無くして田畑を造ろうと考えた。
外輪山の一部を蹴破るが、そのはずみで健磐龍は尻餅をついてしまって「立てぬ!」と叫んだ。以後その場所は「立野(たての)」と呼ばれるようになった。

オヤジギャク愛好家、激しく納得の地名だ。

◆関連記事◆
阿蘇山/ウィクペディア
みんなが知っている阿蘇は不思議がいっぱいの山です超阿蘇!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/455-f2d450ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)