だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

花のさくら通り/荻原浩

◆読んだ本◆
・書名:花のさくら通り
・著者:荻原浩
・定価:1,600円
・出版社:集英社
・発行日:2012/6/30

◆おすすめ度◆
・ハートフルユーモア小説度:★★★
・いつの間にかみんなで街おこし度:★★★★
・斬新でも意外でも謎めいてもいないのにこの面白さ度:★★★★★

◆感想◆
かつては門前町としてにぎわっていた商店街。しかしいつの間にかシャッター通り商店街となりつつあるさくら通り商店街に、都落ちした弱小広告代理店が越してくるが…

どこの郊外にもありそうなシャッター通り商店街のさくら通り。
そこに小さな広告代理店が引越してきたことがきっかけになって、いつの間にか街おこしが始まってしまうという展開。

自分のことしか考えない商店主たち。
商店会の会長であることにこだわる長老たち。
同じ商店会のなかでの、新旧の確執。

もうどこにでも転がっていそうなありふれた設定で、先も丸っと読めてしまうし驚きも謎もない。
でもでもこれが面白い!

放火事件をきっかけに、なんとなくまとまり出す商店会。
魅力的でユーモラスな登場人物たち。
ほのかな恋。
いつの間にかみんながまとまって、さくら通り商店街がにぎわって行く?!

登場人物が活き活きとしていて共感できれば、斬新でも意外でも謎めいていなくてもこんなに面白く読めるんだ!という見本のような小説だ。

主人公の娘の手紙も泣かせるぜ。

「花のさくら通り」は、本文がツルツルでスべスベの紙でできてる。
たまに出会うんだけど、これがなんだか肌触りがいいんである。
思わず頬ずりしたくなる感触。
本書に登場する初音ちゃんのホッペのようだ。

◆関連記事◆
花のさくら通り 最終回 荻原浩/三つ子の活字中毒百までか?

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/449-429b5a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad