だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ダブルトーン/梶尾真治

◆読んだ本◆
・書名:ダブルトーン
・著者:梶尾真治
・定価:1,500円
・出版社:平凡社
・発行日:2012/5/23

◆おすすめ度◆
・ロマンチックサスペンスミステリーホラーSF度:★★★
・交錯する二人の女性の意識度:★★★
・最後はどうなる?… ひえぇ~度:★★★

◆感想◆
目を覚ましたときに、今日は自分が田村裕美だということがわかる。そして、まるで夢の記憶のように、自分が誰か他の人として生活している記憶が薄れて行く…

カジシン得意のタイムトラベルもののロマンチックでサスペンスなSF小説。
主役となる田村裕美と中野由巳の間で、意識がジワジワと交錯していく。
脇役の同僚や家族なんかもうまく巻き込んで、ロマンチックでサスペンスな物語に。
ちょっとときめいたり、不安でドキドキしたりする描写は、著者の独擅場。読んでるこっちもドキドキだ。

ラストは幸せな展開になるのか、悲しい結末が待っているのか、いったいどうなるんだ? 残りわずかでどんな落ちが?
と思いながら読み進むと、「ひえぇ~」な結末に。

穏やかなラストを予想していたから、ちょっとビックリ。
田村裕美も中野由巳も、幸せな生活を送って欲しくなる結末だ。

起きてすぐ、見た夢の記憶を書き留めようとするシーンがでてくるが、自分も実はやってみたことがある。
これがけっこう難しい。
文字に書いてるうちに、しょわしょわしょわ~っと消えてしまうんである。
それでいて楽しい夢だったとか、怖い夢だったとかの感情は覚えていて、とっても楽しい夢だった時は「何だ読もう! 二度寝して続きを見てやるっ」となるんだけどそんなにうまくいかないのが夢のじれったいところだ。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/443-ed13a4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)