だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

エス/鈴木光司

◆読んだ本◆
・書名:エス
・著者:鈴木光司
・定価:1,500円
・出版社:角川書店
・発行日:2012/5/15

◆おすすめ度◆
・「リング」みたいなホラー小説度:★★★★
・「らせん」みたいなサスペンス小説度:★★★
・「ループ」みたいなSF小説度:★★
・シリーズの続編度/納得の結末度:

◆感想◆
自殺の模様をネットで公開したという動画ファイル。映像制作会社に勤める安藤は、社長の米田から動画の分析を依頼されるが…

前半のホラーな展開は、まるで「リング」の続編みたいで、目新しさこそ無いもののけっこう面白く読んでいたけど、後半になると、なんだか「リング」と「らせん」と「ループ」が混在した展開に。
リング3部作をリミックスして1冊にしたような感じ。

リング3部作はホラーな「リング」はじまり、サスペンスな「らせん」、SFな「ループ」へと続き、読み進むと「何っ!」な掟破りとも取れる大胆な展開にビックリ仰天なんだけれど、それを1冊にリミックスしたような本書には、無理が見え隠れするような。

帯には「映画『貞子3D』原作」の文字が強調されているし、そうゆう大人の事情もあっての「エス」なのかも?
本書をいきなり読むより、「リング」「らせん」「ループ」を順番に読む方が3倍は面白いと思う。

小説の「リング」はとっても面白怖いホラー小説だったけど、映画の「リング」もテレビから出てくるシーンはのけ反るほど怖かったなあ。
映画「キャリー」のラストに匹敵するくらいののけ反り度だ。

◆関連記事◆
鈴木光司『エス』(角川書店) を読む/ポケモン的なるブログ
辻褄合わせに過ぎない「エス」/中年音楽狂日記

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/441-80e23803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鈴木光司『エス』(角川書店) を読む

鈴木光司『エス』(角川書店) を読みました。かの有名な『リング』のシリーズの最新刊であり、先週に封切られた映画映画「貞子3D」の原作です。一応、知らない人のために書いておくと、『リング』のシリーズは1990年代の日本を震撼させた超有名なホラー小説です。ハリウッ?...

  • 2012/05/20(日) 17:22:17 |
  • ポケモン的なるブログ