だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

連環宇宙/ロバート・チャールズ・ウィルスン

◆読んだ本◆
・書名:連環宇宙
・著者:ロバート・チャールズ・ウィルスン
・定価:1,280円
・出版社:創元SF文庫
・発行日:2012/5/11

◆おすすめ度◆
・壮大なスケールのSF/ドラマチックな人間模様度:★★★★
・時間封鎖三部作ついに完結(仮定体の謎も解決)度:★★★★★
・面白い小説は、終わらない方がなお面白い度:★★★★★

◆感想◆
スピン封鎖が解除された地球のテキサス州で、一人の青年が警察に保護される。彼が持つノートには、1万年後に再生したタークの手記が書かれていた…

とうとう完結してしまった「時間封鎖」「無限記憶」「連環宇宙」の三部作。
「無限記憶」には本書の伏線がいっぱいあるようなので、すっかり忘れてしまった「無限記憶」の再読からしようと思い読みはじめると、これが面白い。
ささっと斜め読みしようと思ったのに、じっくり読んじゃう面白さ。
「忘れる」ってステキなことだ。

なんて感想はおいといて、本書「連環宇宙」は「無限記憶」に登場したターク等に新たな登場人物をくわえ、時間封鎖解除後の地球と、1万年後の世界が舞台となって展開。
物語はサスペンスと冒険小説風な味付けのSF的展開で進むが、ラストは仮定体の謎を含む大風呂敷をさらに広げて畳んじゃうという壮大なスケールのSFに。

「時間封鎖」を読みはじめたら、「無限記憶」「連環宇宙」と読まねば落ち着いた暮らしが出来ないというくらいの面白SFだ。
でも読み終わっちゃうと、なんかつまんない。
面白い長編小説は、「次はいったいどうなるんだ?ワクワク」という期待と興奮を抱かせながら、永遠に続いて欲しいぞ。

ロバート・チャールズ・ウィルスン 東京創元社 2012-05-11
売り上げランキング : 3973
by ヨメレバ

「時間封鎖」は続編が待ち遠しいシリーズのひとつだったんだけど、本書で完結。人生の楽しみがひとつ減ってしまった。
でも「天冥の標 」、「ソードアート・オンライン 」、「機龍警察 」、「十二国記 」(完結していないよな?)と気になる小説がいくつかあるので、頑張って生きて行こうと思う。(大げさ)

◆関連記事◆
〈時間封鎖〉三部作、遂に完結!/Webミステリーズ!
時間封鎖/ロバート・チャールズ・ウィルスン/サイト内
無限記憶/ロバート・チャールズ・ウィルスン/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/440-86de4609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad