だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

歪笑小説/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:歪笑小説
・著者:東野圭吾
・定価:619円
・出版社:集英社文庫
・発行日:2012/1/25

◆おすすめ度◆
・出版業界裏話風短編連作集度:★★★★
・ブラックでシュールでコミカルでメタっぽい度:★★★★
・登場する作家もモデルを想像するとなお面白い度:★★★★
・直本賞受賞したんだ。よかったよかった度:★★★★

◆感想◆
出版業界を舞台に、編集者や作家の裏側の顔をブラックに、そしてコミカルに描いた短編集。

「黒笑小説」の続編にあたる本書。相変わらずブラックな感じに「ムフフ」と笑っちゃう。
どの業界にも、ちょっとドロドロしすぎて他人に言うのがはばかれるような慣習とか非常識な掟があるもんですが、出版業界のそれを題材にしている本書、
大げさに脚色されているとはいえ「なんか有りそう」と思わせるのは著者のテクニック。
登場する作家のモデルが誰なのかを想像しながら読むのも楽しい。
さすがです。

編集者や作家をこけおろしているような自虐的な内容だけれど、そこには作家や編集者、あるいは出版業界に対する「愛」があるのも、本書が面白く読めるポイント。
特に「巻末広告」に愛があふれてます。

唐傘ザンゲの虚無僧探偵ゾフィーをめちゃめちゃ読みたい!
あと、熱海圭介の撃鉄のポエムを読んでうんざりしてみたい。

◆関連記事◆
歪笑小説/Wikipedia
東野圭吾『歪笑小説』/山本弘のSF秘密基地BLOG
『歪笑(わいしょう)小説』東野圭吾著/MSN産経ニュース
『歪笑小説』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.526/朴念仁と居候

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/438-d525be07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad