だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ナミヤ雑貨店の奇蹟/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:ナミヤ雑貨店の奇蹟
・著者:東野圭吾
・定価:1,600円
・出版社:角川書店
・発行日:2012/3/30

◆おすすめ度◆
・ファッタジックな設定度:★★★★
・ノスタルジックな背景度:★★★★
・センチメンタルな展開度:★★★★
・ハートフルな繋がり度:★★★★

◆感想◆
悩み相談の手紙をシャッターのポストに投函すると、牛乳箱に返事の手紙が入っているという不思議な雑貨店。様々な悩みが時空を超えて取り交わされた時、そこに信じられない繋がりが浮かび上がってくる…

客にお題を出してもらい、それを即興で語る「三題噺」という落語がある。
ひねりが効いていて、「うまいっ」と思うような落ちの落語を即興で語るのは神業だろうけど、東野圭吾は小説で「三題噺」をやって、なおかつ神業な展開や落ちをつけられる作家のように見える。


編集者:東野先生、今回は「生協の白石さん」「手紙」「児童養護施設」の三題でファンタジックな物語を書いて頂けませんか?
東野:「生協の白石さん」っていうと、大学の生協職員と学生のユニークなメッセージ交換で話題になった?
編集者:そうそう。それを悩み相談みたいな形式にして、さらに相談者のその後の人生が相談したことでどう変化したかも描いちゃうなんていうのはどうでしょう?
東野:う~む。
編集者:時代は現在と過去の両方。過去は先生が若かりし頃の時代が書きやすいんじゃないですか?
東野:「児童養護施設」ってのは?
編集者:そこはそれ、先生の巧みな構成力とひらめきでひとつ。


なんて会話はまったくの空想だけれど、思いついたアイデアを見事な展開と落ちで物語にし、なおかつ著者と同世代の読者をしみじみとさせ、さらにミラクルな繋がりを演出する著者は、もう人知を超えた作家だ。

大昔に友人からもらった手紙をひもといてみると、当時の思いが蘇ったりしてタイムスリップ感がある。
精神的タイムトラベルみたいな。

今も同じようなことを考えてるのを知って、精神的な時間は止まっていたんだなあ、なんて凹んだりして。
自分に一人時間差攻撃しているような。

◆関連記事◆
東野圭吾『ナミヤ雑貨店』特設サイト/角川書店

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/436-90ce95b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad