だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

日本全国津々うりゃうりゃ/宮田珠己

◆読んだ本◆
・書名:日本全国津々うりゃうりゃ
・著者:宮田珠己
・定価:1,500円
・出版社:廣済堂出版
・発行日:2012/4/10

◆おすすめ度◆
・脱力ずっこけお笑い旅エッセイ度:★★★★★
・凹んでいても気分はうりゃうりゃに度:★★★★★
・前代未聞の自宅の庭旅度:★★★★

◆感想◆
宮田珠己が日本全国のあちこちを旅して回るという脱力ずっこけなお笑い旅エッセイ。

日本全国とかいっときながら、日光東照宮にクラゲを探しに行ったり、神津島に砂漠を探しに行ったり、あげくの果てはパチンコ屋で大当たりした顛末や自宅の庭を「旅」したりするうりゃうりゃぶり。

素敵だ。
珍妙で素晴らしすぎるぞ宮田珠己。

いたるところで大笑いなのは無論のこと、読者の気分が凹んでいようと落ち込んでいようと、読みはじめたら著者のペースに飲み込まれ、気分はうりゃうりゃに。

この脱力系文章の持つパワーは凄い。
宮部みゆきとかのベストセラーな作家がワンセンテンスで心の機微を表現するのに感心するけど、宮田珠己もそれに比肩する脱力ぶり。
いったいどうやったらこんな文章を書けるのか感心する。

ジェットコースターや海の変な生き物やそこらの石に対しての偏愛ぶりも申し分なく発揮してるし、あとがきの最後まで気が抜けない、電車の中では読んではいけない爆笑本だ。

本屋で女性作家の棚に本書を発見した時から、もうすでに笑いそうに。
「廣済堂よみものWeb」で『日本全国もっと津々うりゃうりゃ』掲載中!

◆関連記事◆
宮田珠己『日本全国もっと津々うりゃうりゃ/廣済堂よみものWeb

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/435-8081e017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad