だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ブラック・アゲート/上田早夕里

◆読んだ本◆
・書名:ブラック・アゲート
・著者:上田早夕里
・定価:1,700円
・出版社:光文社
・発行日:2012/2/20

◆おすすめ度◆
・ハラハラバイオサスペンス小説度:★★★★
・ドキドキスリリング冒険小説度:★★★
・近未来パニックSF小説度:★★★

◆感想◆
人間に寄生し増殖するアゲート蜂により恐慌状態の日本を描いた、近未来バイオサスペンス小説。

上田早夕里というと「華竜の宮」や「魚舟・獣舟」がすこぶる評判がいいものの、いまいち趣味が合わないというかそりが合わないというか。
書店で本書を見かけた時もスルーしようかと思ったのだが、帯の「怖いうえに面白い! マイクル・クライトンに匹敵する迫真の理系冒険活劇」のコピーが。

上田早夕里がマイクル・クライトンに匹敵?、似合わないなあと思いつつもコピーにほだされて購入。
マイクル・クライトンばりな題材や展開は自分の好むところだけれども、読んでみると、やっぱりちょっと残念な感じに。
人物や内容が薄いし、展開も都合良すぎ。
エピローグの後を読んでみたいし。

なんて不満ブツブツな感想だけれど、出だしのロケットスタートな勢いで最後まで一気に読まされてしまいました。
不満は欲張りな読者の愚痴っていうことで、逆に言えば「面白かった」ということです。
登場人物を完全な「悪」にしないのは、著者の優しいところですね。

アゲート蜂に似ている実在する蜂は「ヤマジガバチ」だそう。
写真を見るとウエストが超細くていかにも戦闘向きだ。
こんなのがうじゃうじゃ出てきたらホラーだ。

ブラック・アゲート

上田 早夕里 光文社 2012-02-18
売り上げランキング : 22366
by ヨメレバ

◆関連記事◆
読書記「ブラック・アゲート」/気がつけば82歳
『ブラック・アゲート』(上田早夕里)/馬場秀和ブログ
華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)/アマゾン
魚舟・獣舟/上田早夕里/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

著者です

著者です。
まずは読んで頂いたことにお礼を申し上げます。
が、

> 「衝破」で終わり

事実と違うことを書くのはおやめ下さい。
「衝破」のあとには「エピローグ」のページがあるはずですが、購入なさった本にはそのページが存在していませんでしたか?

だとしたらその本は落丁なので、書店で交換してもらって下さい。

  • 2012/02/27(月) 13:40:23 |
  • URL |
  • 上田早夕里 #mQop/nM.
  • [ 編集]

Re: 著者です

上田早夕里様。
大変失礼たしました。
その後のアゲート蜂と人類との共存/戦いを読みたかったという意図で、『「衝破」で終わりなのも物足りない。』は『エピローグの後を読んでみたい』に訂正いたします。

  • 2012/02/27(月) 19:10:02 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

早速のご対応、ありがとうございます

早速のご対応、ありがとうございます。

> その後のアゲート蜂と人類との共存/戦いを読みたかったという意図で

この新刊がとてもよく売れ続ければ、将来、文庫化される幸運に恵まれるかもしれません。文庫化の際には、多少の加筆が許される場合もございます。

しかし、だな通信ミステリー文庫さんが望んでおられるような「その後の物語」を、私は決して書き足すことはないでしょう。なぜなら、この作品を通して書かれる必要があった事柄は、すべて、この一冊の中で書き終えている――という明確な自覚が、私の中にあるからです。

21世紀現在において、自分が小説の中で扱うべき事柄は(他の作家さんの場合は知りません。あくまでも「自分の場合」という話です)ご希望頂いた「その後の物語」の中にはもはや何ひとつ存在しない――というのが私自身の考え方です。

こういうタイプの作品を書くこと自体も、私にとっては、これが最後になるでしょう。

本来なら通り過ぎるはずだった一冊の本に、手を伸ばし、読み通し、感想を書いて下さったことに、心から感謝致します。

それでは、失礼致します。

  • 2012/02/27(月) 22:46:54 |
  • URL |
  • 上田早夕里 #mQop/nM.
  • [ 編集]

Re: 早速のご対応、ありがとうございます

私の拙い感想文に、きちんとしたご指摘や丁寧なコメントを頂き、ありがとうございます。
今後の更なるご活躍をお祈りいたします。

  • 2012/02/28(火) 07:02:19 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/431-b254ab79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)