だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ディーセント・ワーク・ガーディアン/沢村凜

◆読んだ本◆
・書名:ディーセント・ワーク・ガーディアン
・著者:沢村凜
・定価:1,700円
・出版社:双葉社
・発行日:2012/1/22

◆おすすめ度◆
・超マニアック業種のミステリー小説度:★★★★
・建設業、製造業の安全担当者でミステリーファンは必読度:★★★★
・実際の労働基準監督署は小説と違うかも度:★★

◆感想◆
労働基準監督署に勤務する監督官を主役にした、超マニアックな建設業・製造業限定ミステリー連作短編集。

沢村凜というと、「黄金の王 白銀の王」とか「瞳の中の大河」などの読みごたえのある骨太ファンタジー作家というイメージだったけど、本書は読みごたえのある骨太マニアックミステリーといった内容。

なんたって主人公が労働基準監督署に勤務する監督官というのだから前代未聞。
いきなり「36協定」とか「足場の組立て等作業主任者」なんていう業界の専門用語が出てきて、建設業や製造業の安全管理などに従事したことのある人は「おおっ」と声をあげそうになるくらいのマニアックさ。
そっち方面のミステリーファンには、現場がリアルに想像できる小説なんである。

自分もそっち方面の仕事に従事していたことがあって、「整理整頓は安全の基本」にうなづいたり、「ティーチングプレイバック方式の産業ロボット」にハハンと思ったり、「是正勧告」におののいたり。
取材や下調べがバッチリなようで、違和感ないし。

だたマニアックだけのミステリーかというとそんなことはなくて、労働環境を改善しようとする主人公の考え方や行動、家族や友人たちとの関係ももじっくり描かれていて、読みごたえのある骨太な物語に。

でもなんで労働基準監督署なのかねえ。

ディーセント・ワーク・ガーディアン

沢村 凜 双葉社 2012-01-18
売り上げランキング : 19224
by ヨメレバ

労働基準監督署といえば製造業者にとってのおまわりさん的な存在。
法令違反すると逮捕されちゃうこともある恐い存在なんである。
本書に登場する監督官は人間味あふれる人物だけれど、実際はもっと事務的なキャリア官僚だったり、愛想のいいおっさん(を演じてる?)人だったり。

ま、新宿鮫みたいな刑事がいないのと同じで、労働者にたいしてこんなに密接に、真摯に対応する監督官はいないだろうけど。
ひょっとして「いるんだ」ということを著者はいいたかったのか?

◆関連記事◆
本邦初の労基小説! 沢村凜『ディーセント・ワーク・ガーディアン』/hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳)
黄金の王 白銀の王/沢村凜/サイト内
瞳の中の大河/沢村凜/アマゾン

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/428-fd6539e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad