だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

トワイライト・テールズ/山本弘

◆読んだ本◆
・書名:トワイライト・テールズ
・著者:山本弘
・定価:1,400円
・出版社:角川書店
・発行日:2011/11/30

◆おすすめ度◆
・ジュブナイルな怪獣SF小説度:★★★★
・少年向けにしてはけっこうハードな出来事も度:★★
・少年向けらしいファンタジックな展開度:★★★

◆感想◆
「MM9」シリーズの最新短編集。
オタクな少年やかわいい少女、大人のお姉さんなんかが登場して、少年向けらしいファンタジックな物語になっている。
そのわりに、児童ポルノや売春なんかのかなり大人の出来事を物語に絡めたりしてるのは、啓蒙的考え?

いずれにしても、登場する怪獣がとっても人間的。
著者の愛がこもっているなあ。
「MM9」シリーズは未読でも楽しめる内容。
怪獣好きな少年は必読の書。
エッチなシーンでドキドキもできるかも?(最近の少年は、このくらいではドキドキしないのか?)

トワイライト・テールズ

山本 弘 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-30
売り上げランキング : 6268
by ヨメレバ

「夏と少女と怪獣と」はモンタナ州のフラットヘッド湖が舞台となっているんだけれど、当然ながらこの湖にはモンタ・ナネッシーが棲息しているという未確認動物な情報があり、他にもUMAな情報が山盛り。

残念ながら自分はUMAは見たことないんだけれど、UFOらしきモノは見たことあって、あれは多分飛行機に太陽光が反射したんだとおもうんだけど、それにしてもまん丸でシルバーに輝く飛行物体を見た時は唖然とした。
その後の人生に影響するほどではなかったけど。

◆関連記事◆
トワイライト・テールズ/山本弘のSF秘密基地
『トワイライト・テールズ』(山本弘)
山本弘「トワイライト・テールズ」(角川書店)/The Road to Gourmet Golfer
モンタナ州のネッシー/一日一万歩!
MM9―invasion―/山本弘/サイト内
MM9/山本弘/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

児童ポルノの話が出てくるのは山本先生はロリコン(自分で公言されています)だからです。

  • 2012/01/08(日) 21:12:41 |
  • URL |
  • なる #-
  • [ 編集]

Re: なるさん

なるほど。
児童ポルノは正しいロリコンの姿じゃないってことですね。

  • 2012/01/11(水) 19:48:21 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/423-bb78d6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)