だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

祝もものき事務所2/茅田砂胡

◆読んだ本◆
・書名:祝もものき事務所2
・著者:茅田砂胡
・定価:900円
・出版社:中央公論新社 C★NOVELSファンタジア
・発行日:2011/11/25

◆おすすめ度◆
・ミステリー風井戸端会議度:
・ズンズン増えるややこしい登場人物度:
・膨大な前振り度:

◆感想◆
食堂で倒れていた男性を偶然助けた人から、倒れていた男性のその後の安否を調べて欲しいという依頼が舞い込むが…

シリーズ2作目の本書、前作と同じようなミステリー風の時代錯誤なダメダメな大人がいっぱい登場する小説。
はじめに起きる事件はミステリー小説の事件風だけど、その後の展開は噂話に興じる井戸端会議風のどうでもいいような話しの連続。

結婚相手が遺産目当てだとか、親戚が傍若無人の人でなしだとか。
あるいは「男前」のさっそうとした素敵なやり手女性だったり。
類型的で面倒な人達がズンズン増えてきて、ややこしいしイライラするし。
読むのが嫌になるぞ。(ほとんど斜め読みだけど)

おまけにそれが前振りだというトンデモな展開。

いったいどうしたんだ茅田砂胡。

家族や親戚関係で、嫌なことでもあったのか?
ひょっとして「デル戦」の印税を巡って、骨肉の争いとかが起きているとか?
その当てつけが本書だったりして。

帯のコピー「事件はあっても推理はない。無能・空気ヨメナイ・怠惰・体力皆無ー」は、別の意味で合っている悲しさよ。

祝もものき事務所2 (C・NOVELSファンタジア)

茅田 砂胡 中央公論新社 2011-11-24
売り上げランキング : 141
by ヨメレバ

次作は「天使たちの課外活動」シリーズが2012年3月刊とのこと。
怖いもの見たさで買ってしまうんだろうなあ。

◆関連記事◆
祝もものき事務所 (2)(茅田砂胡)/ふらりとゆけ!
「祝もものき事務所2」茅田砂胡/中央公論社/本を貶す
祝もものき事務所/茅田砂胡/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

全く同感でございます

そ~なんですよ。そう思うのですよ。書評を読みながら首がつるほどガックガックン頷いてしまいました。
シリーズ一作目でも「何かあったのか?」と思いましたが、今作は読んでて終いには不愉快にさえなりました。
前からの読者は違和感ないのかな~とネットをあさってここにたどり着きました。一体茅田砂胡はどうしちゃったんでしょ?謎です。
しょっぱなからハイテンションで失礼いたしました。書評楽しく読ませていただきました。他の作品もこれからぼちぼち読ませていただきます。

  • 2012/09/14(金) 11:30:01 |
  • URL |
  • cinerea. #-
  • [ 編集]

Re: 全く同感でございます

はじめましてcinerea.さん。

なんだかとっても残念ですよね。
でも新刊が出ると買っちゃうんですよね。
ふられた異性に未練タラタラみたいで(^_^;

  • 2012/09/14(金) 19:50:20 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/419-89d0f889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad