だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

おまえさん/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:おまえさん
・著者:宮部みゆき
・定価:文庫 上838円 下838円
・出版社:講談社文庫
・発行日:2011/9/22

◆おすすめ度◆
・江戸時代ミステリー小説度:★★★★
・ユーニークな登場人物たちがアニメチック度:★★★★
・宮部みゆきにかかれば極悪人もいい人に度:★★★★

◆感想◆
「ぼんくら」「日暮らし」に続くシリーズ第3弾。
単行本と文庫本を同時に発行するというびっくり戦略な新刊だ。

物語は、本所深川のぼんくら同心・平四郎や超美形の弓之助、何でも記憶できちゃう三太郎などのシリーズおなじみの登場人物を引き継いで、貧相な男が辻斬りで殺された事件を発端に展開。
出だしは話があっちゃこっちゃして雑然とした感じだったけど、そこは宮部みゆき、あっちゃこっちゃの話がきちんと一つになっていくからさすが。

多くの登場人物の半生をも面白おかしく切なく優しく描ききってしまう丁寧な筆致で、さらにミステリーとしての結末もきっちり。
ちょっと「若い(青い)」感じもする内容だけれど、若い登場人物が多いからしょうがないのか。

それにしても、宮部みゆきにかかればどんな極悪非道な犯罪者もいい人に思えてくるから困っちゃう。
特に男は単純明快なバカだねえ。
もうちょっと後先を考えろって感じ。

逆に女は恐いぞ。
心の奥底にチロチロと嫉妬や妬み、悋気の暗い炎が、いつも燃えているような。
そしてそれを自覚も他覚もしているようで。

著者も女だからねえ。

おまえさん(上) (講談社文庫)

宮部 みゆき 講談社 2011-09-22
売り上げランキング : 24
by ヨメレバ
おまえさん(下) (講談社文庫)

宮部 みゆき 講談社 2011-09-22
売り上げランキング : 25
by ヨメレバ

同じ中身の小説を、単行本と文庫本を同時に発行するというビックリな戦略。どうやら

予定より3年遅れの刊行で、宮部さんは「本来なら、もう文庫が出ている頃。文庫の読者をさらに3年お待たせするのは申し訳ない」と同時刊行を決めた

そうで、単行本と文庫本、それぞれどのくらい売れるのか興味のある所。

おんなじ大沢オフィースに所属する京極夏彦の「ルー=ガルー2」は、単行本、ノベルス、文庫、電子書籍の4形態で同時に発売するというからビックリくりくり。
形態によって内容とかを変えるってのもありそう?(さなそう)

◆関連記事◆
宮部みゆき 『おまえさん』――井筒平四郎シリーズ第三弾/quiet colors
読書日記64 「おまえさん」/お電話番の日々雑感
大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆき公式ホームページ『大極宮』

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/409-ee072370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad