だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

MM9―invasion―/山本弘

◆読んだ本◆
・書名:MM9―invasion―
・著者:山本弘
・定価:1,700円
・出版社:東京創元社
・発行日:2011/7/25

◆おすすめ度◆
・ライトノベルな怪獣SF小説度:★★★★
・正しいSF少年とすれたSFオヤジ向け度:★★★★
・多重人間原理でSFマニアの攻撃回避度:★★★

◆感想◆
宇宙怪獣が地球に襲来!気特対に危機がっ。ヒメはっ! な展開の、「MM9」の続編登場。

前作は連作短編集な構成だったけれど、本書は長編な構え。それも「MM9」の「第二話 危険! 少女逃亡中」に登場した美少女な怪獣「ヒメ」が大活躍の盛り上がりぶり。
早速東京スカイツリーは怪獣バトルの舞台になるし、冷え冷えな先進波メーザーとかMLRS-M31GPS誘導ロケット弾とか、それはもうリアルに大真面目に荒唐無稽な怪獣SFなんである。

おまけにヒメと案野一騎少年のマンガチックでエロチックな接近(小学生男子向き)もあったりして、巨大怪獣大暴れなアクションSFは無垢な小学生とすれたオヤジが楽しめる作風に?

一気に読み終わったあとは、続編「MM9―destruction―」を首を長くして待て!
待てない人は東京創元社の「Webミステリーズ!」で無料先読みだっ。

MM9―invasion―

山本 弘 東京創元社 2011-07-21
売り上げランキング : 4064
by ヨメレバ

美少女な怪獣「ヒメ」は、日本神話の奇稲田姫なのだそうで、同様に登場する怪獣たちは多重人間原理による「神話宇宙」に属するから、まったくもって物理法則の埒外なんである。
電卓を片手にSFを読む、ハードでマニア、デープでコアな読者を煙に巻く著者の必殺技炸裂。

◆関連記事◆
『MM9―invasion―』/山本弘のSF秘密基地BLOG
『MM9 - invasion -』(山本弘)/馬場秀和ブログ
MM9 -invasion- 山本弘 東京創元社/この世の全てはこともなし
【特別掲載】山本弘『MM9―destruction―』第1回/東京創元社「Webミステリーズ!」
MM9/山本弘/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/400-9de41d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)