だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

偉いぞ! 立ち食いそば/東海林さだお

◆読んだ本◆
・書 名:偉いぞ! 立ち食いそば
・著 者:東海林さだお
・出版社:文芸春秋
・定 価:1,095円
・発行日:2006/6/15
     
◆評価◆
・B級グルメ評度:★★★
・日常の探検度:★★★
・偉大なマンネリ度:★★

◆感想◆
駅弁を食べるだけの旅、立ち食いそば全メニュー制覇、言葉の意味と、著者らしい食や日常のなんでもないものに潜むナゾを解きあかすエッセイ集。

丸かじりシリーズもそうだけど、本を読んでいるとなんか食べたくなってしょうがない。
本書の巻頭には全24種の駅弁が、カラー写真で掲載されていて、これがうまそう! 文と写真のダブル攻撃。 お腹ぐぅ~。

立ち食いそばの全メニューを食べようとしたり、一時ニセ温泉で話題になったホテルに行ってみたり、「ヤッホー」という言葉の意味を考えたりと、日常生活探検家には大いに刺激を受ける一冊だ。

偉いぞ! 立ち食いそば/東海林さだおの表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/4-42c8ed66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad