だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

虚言少年/京極夏彦

◆読んだ本◆
・書名:虚言少年
・著者:京極夏彦
・定価:1,700円
・出版社:集英社
・発行日:2011/7/30

◆おすすめ度◆
・小学生の日常度:★★
・起きる事件のくだらなさに笑える度:★★★
・何かの比喩のようだか回りくどくて分らない度:★★★

◆感想◆
小学生3人を主人公にした、ばかばかしい小学生の日常連作短編小説。

なんだか「オジいサン」の小学生版みたいな小説で、お約束とはいえ「こんなにうまく詭弁や虚言を弄する小学生はいないだろう」な小学生3人が、学校で起きる事件をいかに面白おかしく笑い飛ばそうかとする?小説。

著者の小説はそのくどさやねちっこさが持ち味だけど(京極堂シリーズはそれが醍醐味だったな!)、本書や「オジいサン」はやや空回り気味。
それでも「お楽しみ会」とか「運動会」とか「コックリさん」とかを題材に、超くだらない日常的笑いを巧みに醸成して落とす構成は見事。

上手だけれどマニアック過ぎる?
何かの比喩のようにも読めるが、回りくどくてよく分らない?


小学生が大人の言葉を知っていたら、きっとこんな風なんだろうなあ。
ということは、歳をとればそれなりに語彙は豊富になるけれど、思考内容は小学生のソレと変わらないのかもなあ。
なんてゆう風な感想も。

虚言少年

京極 夏彦 集英社 2011-07-26
売り上げランキング : 1054
by ヨメレバ

「ストリーキング」とか「中岡俊哉」なんていう昭和なキーワードに反応する年代の方には、自分が小学生だった頃をだぶらせながら読んだりもできる。
やだやだ、歳とりたくないっ。

◆関連記事◆
『虚言少年』刊行記念インタビュー/集英社 WEB文芸「レンザブロー」
虚言少年 京極夏彦 集英社/この世の全てはこともなし
読書日記49 「虚言少年」/お電話番の日々雑感
オジいサン/京極夏彦/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/399-598272b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)