だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

チヨ子/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:チヨ子
・著者:宮部みゆき
・定価:476円
・出版社:光文社文庫
・発行日:2011/7/20

◆おすすめ度◆
・ホラー&ファンタジー短編小説度:★★★
・久しぶりにうすら恐い宮部みゆき度:★★★
・「聖痕」は現代の神創成録度:★★★★

◆感想◆
五つの短編をおさめたホラー&ファンタジー小説集。
ファンタジックでハートフルな小説が多い著者の近作の中で、うすら恐くてシリアスタッチな宮部みゆきも堪能できる異色作的な短編集。

着ぐるみを着ると、周りの人が??に見えてしまい…という「チヨ子」と、娘の探偵ごっこに付き合わされたはずの父は…という「いしまくら」は、どっちかというとファンタジックでほんわかムードな小説。

亡くなった小学校時代の同級生が…という「雪娘」と、商店街のオモチャ屋に幽霊がでるという噂が…という「オモチャ」は、淋しく悲しくゾクゾクなホラー小説。

最後の「聖痕」は現代の神創成録な物語で、病んでるネット社会を背景にしたダークな「神話」といった趣き。
現代の日本では「神」はこうやって生まれるんだねえ。
コワッ。

チヨ子 (光文社文庫)

宮部 みゆき 光文社 2011-07-12
売り上げランキング : 62
by ヨメレバ

宮部みゆきが所属する大沢オフィスの公式ホームページには、著者が着ぐるみ姿で「チヨ子」を朗読している写真が!
「カワイイ」というよりちょっとホラー!?

◆関連記事◆
宮部みゆき「チヨ子」/読書日記PNU屋
「チヨ子」 宮部みゆき/乱読にもほどがあるッ!
「チヨ子」宮部みゆき/東京アンダーザブリッヂ
「チヨ子」宮部みゆき/気まぐれ日記

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/398-176b800b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad