だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

NO.6〔ナンバーシックス〕#1~#9/あさのあつこ

◆読んだ本◆
・書名:NO.6〔ナンバーシックス〕#1~#9
・著者:あさのあつこ
・定価:950円×9巻=8,550円
・出版社:講談社
・発行日:2003/10/10~2011/6/13

◆おすすめ度◆
・児童向けSF冒険小説度:★★★★★
・大人向けSF冒険小説度:★★★★
・正義と偽善/自己満足と傲慢度:★★★★
・ハラハラドキドキ、ワクワクじんわり度:★★★★

◆感想◆
近未来の飢えや病気らか解放された理想的な都市「NO.6」。その中でもエリートだが住むことを許されたクロノスで、紫苑はネズミと呼ばれる少年をと、運命的な出会いをする・・・

足掛け8年に渡って刊行された「NO.6」がとうとう完結。
児童向けのSFアクション冒険小説だけど、児童にだけ読ませるのはもったいない出来上がり。
さすがだねえ、あさのあつこ。

物語は病気もなけれな飢えもない、幸せを絵に描いたような理想的都市である「NO.6」が舞台。
一見理想的なんだけど、その背景や管理する側の人間は真っ黒な心の人達が。
ひょんなことから出会うことになった「ネズミ」と名乗るミステリアスな少年と、エリート学生の紫苑。
相反する環境で育った二人が、固い友情(?)を育みながらNO.6の暗部に迫る!

愛あり友情あり、スリスとサスペンスの冒険アクション小説。
おまけに正義とはなにか、自分の行動に偽善や傲慢はないのか? といった児童書ならではのストレートな正義論も加わって、読み出したら止まらない面白小説に。

多くの正しい青少年に読んで欲しい物語だし、ついでにお父さんやお母さんも楽しめるお買い得本だ。

今なら#1~#6までは文庫で読めます。
#6まで読んだら、#7~#9が文庫化するまで絶対待てずに単行本を買うこと請け合い。

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA!ENTERTAINMENT)

あさの あつこ 講談社 2003-10-11
売り上げランキング : 22952
by ヨメレバ

本書が刊行されはじめた頃、3巻までは発行後すぐに読んでいたんだけど、「全部揃ってから読まないとフラストレーションたまりまくりだ!」と思って#9が発行されてから一気通貫。

やっぱり面白い長編は一気読みに限る!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/392-d6373ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad