だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ジェノサイド/高野和明

◆読んだ本◆
・書名:ジェノサイド
・著者:高野和明
・定価:1,800円
・出版社:角川書店
・発行日:2011/3/30

◆おすすめ度◆
・SFアクション冒険エンターテイメント小説度:★★★★★
・大量殺戮を行うヒト/助け合うヒト度:★★★★★
・ストレートな展開に大ネタ小ネタもバッチリ度:★★★★★
・おおおっ、面白いっ度:★★★★★

◆感想◆
難病の息子を持つ傭兵のイエガーは、高額の報酬を得るため極秘任務に就くことに。しかし契約後も本当の目的は明かされないまま、仲間3名とコンゴのジャングルに派遣される。一方、薬学部の院生である古賀研人は、急逝した父から謎に満ちたメールをもらうが…

おおおっ、これは面白いっ!

傭兵たちのコンゴでのスリルとアクションな任務と、古賀研人の日本でのメディカルでサスペンスな展開が交互に描かれる。
そこにアメリカ政府や軍部やCIAや人類絶滅やゲーム理論や複雑系やヒューマンドラマやアレやコレやが組み合わさって、読みはじめたら止められない徹夜覚悟のエンターテイメント小説に。

高野和明ってこんなエンターテイメント小説を書く作家だったかなぁ?なんて思いは置いといて、小賢しいテクニックも回りくどい描写もなく、ストレートに思いっきりよく物語が作られてる。
アメリカ大統領の性格を分析したり、日本人と韓国人を関係づけさせたり、人間の動物的性向を皮肉ったりドラマチックに描いたり。
アカデミックな部分も難解にせず、すんなり理解させようとする。
大ネタ小ネタもバッチリ決まって、読後も爽やか。

ダレることなく最後まで一気呵成の面白小説。
ゴールデンウイークはこの本で決まりだあああっ!

ジェノサイド

高野 和明 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-30
売り上げランキング : 693
by ヨメレバ

最近、読了率が悪いんである。
「面白そうだな」と思って買ったのに、期待はずれだったり合わなかったり。
面白いと評判の本が自分に合わないことはしばしばで、かつて面白かった著者やジャンルの本が、面白くなかったり。

デパ地下の試食みたいに、美味しい本がすぐ分る方法はないもんか。
本書の主役にソフトを作ってもらうしかない?

最近の未読了本。
ダイナミックフィギュア
 上巻の1/3で断念。「フルメタル・パニック!」は面白かったんだけどなあ。
豆腐小僧双六道中 おやすみ
 200ページくらいで投げ出す。くどいっ!
神の棘
 上巻で力つきる。下巻が超面白かったらどうしよう?
鋼鉄の叫び
 プロローグだけ読んでやめる。これだけじゃさすがに面白いかそうでないかは分らないけど、なぜか読む気にならない。不思議だ。
天使の報酬
 積読状態。真保裕一だから自動的に買っちゃったけど、「アマルフィ」まあまあだったし。買わなきゃよかったな。

地震で本棚から落っこちてきた本が頭に当たって、それがつまらなかった未読了本だったりすると頭に来るだろうなあ。
本はなんにも悪くないのにね。

◆他サイトの感想など◆
角川書店 ジェノサイド特設ページ
読書感想文 と ブツブツバナシ
夜思比売の栞

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

はじめまして。
「どくしょ。るーむ。」のia.といいます。
私もミステリが大好きです。

これは面白かったですね。
いろいろな角度からストーリーが絡んでいき、ハラハラしながら読んでいたら裏ではまた別の陰謀が潜んでいたり。
ディティールも凝っていて、読み応えたっぷりでした。

  • 2011/08/31(水) 00:27:43 |
  • URL |
  • ia. #DQukzmQA
  • [ 編集]

Re: ia.さん

面白かったですよね。
今年のベストじゃないかと、うん。

  • 2011/09/06(火) 15:15:56 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/384-8b831c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)