だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

新世界より/貴志祐介

◆読んだ本◆
・書 名:新世界より
・著 者:貴志祐介
・出版社:講談社
・定 価:上1,900円 下1,900円
・発行日:2008/1/23

◆評価◆
・ダークファンタジー(B級エンターテイメント)度:★★
・血塗られた未来史(異種格闘技+魔女狩り風)度:★★
・怒濤のストーリー(勢いはある)度:★★★★★

◆感想◆
1000年後の日本。子供達は呪力を強化し自分のものとすることが教育の一環となっていた。早季と仲間達は、ゲームや野外活動を体験しながら呪力の訓練をしていたが…

1000年後の日本は、呪力といわれる超能力をもつサイキックが、後退した文明の中で平和に暮らそうとしている。しかしその平和の陰には、恐ろしいからくりがあった。
早季達は学校での出来事や好奇心から、知ってはいけない呪力社会の裏側を知る。そしてさらに!

大変力の入った怒濤のエンターテイメント、と言いたいところだが、いまいち展開がギクシャクし物語の整合性もとれてなく、新人の小説みたいな感じだ。
物語世界を構築するために、様々な小道具を配置したり、登場人物や文化的な側面に工夫をこらしているが、あちこちにほころびが。

物語自体は愛と勇気の冒険小説風で、一気に読ませる力は十分なんだけど、「この設定って矛盾してない?」「それはいくらなんでもダメだろう」と突っ込みを入れたくなる所が多くて、その度に物語の勢いが削がれてしまう。
気にしなければいいんだけど、ちょっと見過ごせないよなぁ。

著者の頭の中ではきちんと整合性のとれた物語となっていても、読者がそれに納得するかどうかは読者の感性。
ファンタジーって、むづかしいね。

でも「そんな細かいところは気にしないぜ、ドバーッと行こうぜドバーッと」という豪放磊落なタイプの読者には超おすすめだ。

新世界より/貴志祐介の表紙
  

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad