だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

さよなら、ベイビー/里見蘭

◆読んだ本◆
・書名:さよなら、ベイビー
・著者:里見蘭
・定価:1,600円
・出版社:新潮社
・発行日:2010/10/20

◆おすすめ度◆
・コミカル&ほんわかミステリー小説度:★★★★★
・錯綜する人間関係度:★★★★
・だーまぶるひゅおうぱーわー度:★★★★★

◆感想◆
母親を亡くし引きこもりになった雅祥は、突然父があずかってきた赤ん坊の面倒を見るはめになるが・・・

これはなかなか愉快。
振って湧いたような不幸がかさなり、誰の子だかも分らない赤ん坊を世話するハメになる少年・雅祥が主人公。

雅祥が引きこもりとなった事件の真相は?
赤ん坊の親はいったい誰なのか?
並行して描かれる女性や医師の物語は?
赤ちゃんのウンチはどうやって処理する!

そんな感じで描かれる、コミカルでほんわかなミステリー。
文章もストレートで癖がなく読みやすいし、引きこもり少年が立ち直って行く成長物語だったり、錯綜する人間関係がミソのミステリー小説だったり、親子のドラマだったり。

なんといっも赤ちゃんがかわいい。
無条件に、生きることに前向き。生命力に満ちている。

赤ちゃんが準主役というのはちょっとズルい気もするけど、万人にお勧めな小説だ。

さよなら、ベイビー

里見 蘭 新潮社 2010-10
売り上げランキング : 33004
by ヨメレバ

赤ちゃんに話しかける時、なんで「かわいいでちゅね~」みたいな赤ちゃん語になるんだろう?

ま、「お主、無邪気な笑顔をしておる」なんて話しかけるのも変だけど。

◆感想◆
里見蘭の公式ブログ 里見蘭blog
PEPERONIの記憶の本棚
ヒッキー探偵の爽快ドタバタ育児コメディ/新潮社

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

キチンと愉快痛快になる仕掛けがある

赤ちゃん主体でかわいく書いてあって、
でも、それだけじゃない面白さもあったり。読み応えアリ。

新作の『ミリオンセラーガール』が発売されましたが、
この作品も読み応えアリですよ!
あと、ネットで見つけたのは、里見さん自身の分析をしている記事。
結構面白かった。
http://www.birthday-energy.co.jp/

年を取るにつれて人気も活動も濃厚になってくようですね。
こりゃこれからも作品も楽しみです。

  • 2013/05/16(木) 00:37:05 |
  • URL |
  • nancy #DvI991tw
  • [ 編集]

Re: キチンと愉快痛快になる仕掛けがある

はじめまして、nancyさん。
新作が出てるんですね!

  • 2013/05/17(金) 15:53:11 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/367-aa753684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad