だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

マリアビートル/伊坂幸太郎

◆読んだ本◆
・書名:マリアビートル
・著者:伊坂幸太郎
・定価:1,600円
・出版社:角川書店
・発行日:2010/9/24

◆おすすめ度◆
・殺るか殺られるかの密室劇度:★★
・新幹線の中は殺し屋でいっぱい度:★★
・これは喜劇だね度:★★

◆感想◆
殺し屋たちを乗せた東北新幹線。いくつかの事件が同時進行しながら、しだいに収束していく密室劇。

本書もドンドコ売れてるという、売れっ子作家伊坂幸太郎の最新作。
東北新幹線の中で起きる、殺し屋たちの殺るか殺られるか/相手を出し抜いていかに助かるかの心理&密室劇。

なんだか漫画のような展開でちょっと馴染めない感じ。
同時多発的に事件が起きるたりまるで予定調和な展開は、読者を翻弄するだけのような気も。
「もう面白くって、爽快で、ワクワクドキドキで、読みはじめたら止められません」な感想が溢れているけど、そう言われると余計につまらなく思えてくる。
偏屈なのね。

これは小説というより喜劇ですね。
芝居として舞台装置や役者の演技があって、はじめて完成する作品。
心理描写や仕掛けや言動が、ありきたりな誇張や突拍子もない脚色にあふれているけど、そのへんを役者がうまく演じれば面白い芝居になりそう。


売れっ子作家のベストセラーをこんな風にけなす?と、みんなの反感買いそう。
でもまあ、全員が面白いと思うような本はないし、「大トロのにぎり寿司が大嫌い!」っていう人もいるわけで。
笑って許してやって下され m(_ _)m

マリアビートル

伊坂 幸太郎 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-09-23
売り上げランキング : 80

おすすめ平均 starAve
star1最高傑作!!!!
star2おかえり、伊坂節。
star3物騒なのに爽快!
star4よかったです
star5つきなみだけど

by ヨメレバ

同じようなシチュエーションで、車内の登場人物たちに起きる同時多発的事件をあつかった小説?に井上夢人の『99人の最終電車』っていうのがあったなあ。
いつになったらDVD-ROM版が出るのか楽しみにしていたけど、今のままでもものすごく楽しめる。
無料だし。

◆他サイトの感想◆
事務職員へのこの1冊
いつも読書人
棒日記VI
MOONGLOW

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

わたしも大トロは嫌いなんですけど、それもこみでってことでいかがでしょう(笑)

  • 2010/10/18(月) 22:08:57 |
  • URL |
  • 事務職員へのこの1冊 #-
  • [ 編集]

Re: 事務職員へのこの1冊

それもこみでってことでお願いします(笑)

  • 2010/10/20(水) 09:50:42 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/352-57ce2135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad