だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

見当たり捜査官/戸梶圭太

◆読んだ本◆
・書名:見当たり捜査官
・著者:戸梶圭太
・定価:1,600円
・出版社:双葉社
・発行日:2010/9/19

◆おすすめ度◆
・B級連作警察小説度:★★★★
・ラストはトカジらしく激しくスプラッター度:★★★★
・トカジにしてはけっこう普通度:★★★

◆感想◆
指名手配被疑者の写真を多数記憶した上で繁華街や駅などで指名手配被疑者を発見するという見当たり捜査官。主人公の久米山も見当たり捜査官の一人だが、ホシを挙げられない日が続き焦りを感じていた…

見当たり捜査官というやや特殊な仕事が珍しいが、トカジにしてはけっこう普通の警察小説。
見当たり捜査で見つけた被疑者を取り逃がしたり取っ捕まえたりのアレやコレやがちょい面白い。

中年独身男の悲哀と、かつては警視総監賞までもらったが今はサッパリな逮捕成績のペーソスと、それでも意地とプライドをかけて見当たり捜査に専念する警察官の矜持なんかも描かれて、ホントにトカジ?と思うくらい。

やっぱりトカジはこうでなくちゃ、と思わせるスプラッターでクレイジーな暴力的シーンで最後は盛り上げてくれて、思わずニカニカ笑ってしまった。

読んでるうちはそれなりに面白いけど、3日たったら忘れちゃいそうなB級さもステキだ。

見当たり捜査官
「指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」」/イザ!

500人もの容疑者の顔写真を記憶する見当たり捜査官。警視庁が逮捕する指名手配犯の約10%が見当たり捜査によるという。
すごい。
「あ、どうも。最近は涼しくなりましたねぇ。ところでどなたでしたっけ?」なおれには、とてもできないプロフェッショナルな技だ。

見当たり捜査官

戸梶 圭太 双葉社 2010-09-15
売り上げランキング : 14540


by ヨメレバ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/351-328f4d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad