だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ストーリー・セラー/有川浩

◆読んだ本◆
・書名:ストーリー・セラー
・著者:有川浩
・定価:1,300円
・出版社:新潮社
・発行日:2010/8/20

◆おすすめ度◆
・メタ恋愛小説度:★★★
・著者の人となりと生活が伺える度:★★★
・物語を書く側と読む側の接点度:★★★

◆感想◆
「あなたの奥さんは大変に珍しい、かつて症例がない病に罹っています。…思考に脳を使えば使うほど、奥さんの脳は劣化します。…つまり、奥さんは思考することと引き替えに寿命を失っていくのです」 何だその安いSF映画みたいな設定は…

でだしは本当に安いSFみたいな設定の恋愛小説かと。
だた読み進めて行くと、これがなかなかメタな恋愛小説。
「むむ、イニシエーション・ラブな展開なのか? side:A saide:Bの2部構成だし」という推測も外れる予想外の展開。

今までの著者の恋愛小説とは趣きが異なるが、色々と大変なことを抱えているんだな、でも一生懸命幸せな生活を送っているんだな、って著者のリアル生活を想像させる物語。

人生いろいろあるけど、へこたれずにいて欲しい。
って、全然著者の思惑とズレてたりして。

ストーリー・セラー

有川 浩 新潮社 2010-08-20
売り上げランキング : 121

おすすめ平均 starAve
star1極上の娯楽文体
star2一人のための物語でありながら、全ての読者ために書かれた物語でもある
star3一つだけ気になったこと
star4惹きこまれずにはいられない 圧倒的な才能

by ヨメレバ

WEB本の雑誌/作家の読書道に有川浩のインタビューが記載されているんだけど、微妙に本書とかぶっている発言があって面白い。
書き上げた小説を電撃へ送ったらどうかと旦那にすすめられたり。
旦那から「いつか君はプロになるよ」と言われ続けてたり。

そうやって人から褒められたり言われ続けたりすると、本当に夢が叶うものなのかもしれないぞ。
だれも褒めてくれないおれは、自分で自分をめいっぱい褒めることにしている。
いまだに夢は実現しない。

◆他サイトの感想◆
一日一冊のブックレビューBlog
言葉の鎖‐連‐

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/344-45f09efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad